1. TOP
  2. 未分類
  3. 菅田将暉「この日だけはなんか思い出す」 俳優デビューの日に感慨と感謝をつづる

菅田将暉「この日だけはなんか思い出す」 俳優デビューの日に感慨と感謝をつづる

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 48 Views

俳優の菅田将暉(24)が9月6日、”デビュー8周年”を迎え、「いつもありがとう」と感謝の言葉をツイートした。

菅田にとって、9月6日は俳優としての「デビュー」の日だ。8年前のこの日、初めて主演を務めたテレビドラマ『仮面ライダーW』が放送開始した。ファンの間でも特別な日として知られている。

菅田のツイートには「菅田くんのおかげで毎日頑張ろうと思える」「デビューしてくれて本当にありがとう」など、ファンからの祝福や感謝の言葉が相次いでいる。

2008年、「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で最終選考に残ったことがきっかけで、芸能界の道へ進んだ菅田将暉。

デビュー前日の2009年9月5日、朝日新聞朝刊に掲載された記事の中で、挑戦しはじめたばかりの俳優の仕事について以下のように語っていた。

(芝居は)本当に難しいです。標準語だと、まだ感情もつかみにくくて。例えば、『ダメだ、翔太郎』と止めるセリフ。『あかん、オマエそんなとこ行って、どうすんねんっ』って、最初は一度、頭の中で関西弁に直してみます菅田将暉

今や、どんな役でも自在に演じきる「カメレオン俳優」として名高い菅田将暉。 2017年6月には『見たこともない景色』でCDデビューするなど、活動の幅を広げている。

//platform.twitter.com/widgets.js
Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 「ルイ・ヴィトン」のショーは、男泣きで幕を下ろした。 長い長い、虹色のランウェイに込められた意味とは。

  • 厄介で大嫌い…のはずだった入学式。なんだかおかしなことが起きた

  • クリス・プラット、MTVアワードの受賞スピーチで下品なネタを投下

  • 東京芸大がミスコンを中止 「企画してしまったことを浅はかであったと痛感」

関連記事

  • 【電気・ガス・水道が使えない】缶詰のローリングストックで備えよ!

  • 「鼻毛エクステ」がインスタグラムで話題に・・・

  • 白猫プロジェクト訴訟、ファンからは不安の声 「白猫やめたら癒やしがなくなる」

  • 「避難指示解除」後の飯舘村(上)帰還農家が背負う「開拓者」の苦闘–寺島英弥

  • Apple、絶好調の四半期決算で時価総額9000億ドルを超える

  • 猫の飼い主同士をつなぐマッチングサービス「nyatching」、ニャンニャンニャンの日にリリース