1. TOP
  2. 未分類
  3. ABC予想を「証明」した京都大学の望月新一教授、どんな人?

ABC予想を「証明」した京都大学の望月新一教授、どんな人?

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 519 Views

長年にわたって世界中の研究者を悩ませてきた数学の超難問「ABC予想」を証明したとする論文が、国際的な数学の専門に掲載される見通しとなった京都大数理解析研究所の望月新一教授(48)。

今世紀の数学史上最大級とされる業績を残した望月教授は、どんな人物なのだろうか。生い立ちや経歴を振り探ってみた。

本人のホームページなどによると、望月教授は東京出身で、父親の仕事の関係で幼少期に渡米。1985年9月、16歳でアメリカの名門プリンストン大学に入学し、3年で数学科を卒業した。そのまま同大の大学院の数学科の博士課程に入り、1992年に博士号を取得した。

同じ年に、今の職場である京都大学数理解析研究所で助手として勤務をスタート。2002年から現職の教授として勤めており、「数論幾何の研究」を専門としている。ホームページでは「宇宙際幾何学者」と名乗っている。

今回の「ABC予想」の論文は2012年に発表され、当時も大きな関心を集めた。ところが望月教授はメディアの取材を受けておらず、自身のホームページ以外では社会に向けた発信も限られている。

過去に受賞歴も華やかだ。京都大学数理解析研究所の玉川安騎男教授と大阪大学の中村博昭教授と共同で受賞した「日本数学会賞周期賞」のほか、「第1回日本学術振興会賞」や「日本学士院学術奨励賞」などを受賞している

Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 殺害された女性ジャーナリストの取材を15カ国18メディア45人が受け継ぐ

  • ニューヨークのスタートアップは今、セキュリティ分野が優先事項になっている

  • ホセが強制的に送られた施設は、ナチスの収容所でも、刑務所でもなかったが…

  • 「障害者スポーツは福祉なのかスポーツなのか。」パラスポーツの可能性

関連記事

  • 星野仙一さん、膵臓がんと闘う 楽天が発表「息を引き取る直前まで『コーチ会議に出られるかな』と言っておりました」

  • インスタ映え抜群 もうすぐ流行るおしゃれカフェ5選

  • Tesla、世界最大のバッテリーをオーストラリアの風力発電所に設置

  • 現役大学生 ×上西教授 学生にもワークルールの知識を!

  • Tesla車のナビゲーションシステムは2018年に「大規模改造」が行われる

  • 仮想通貨「モナコイン」を盗むウイルス作成容疑、高校生を逮捕