1. TOP
  2. 未分類
  3. Webサイトビルダーの老舗Squarespaceが巨額$200Mを調達、評価額は$1.7B

Webサイトビルダーの老舗Squarespaceが巨額$200Mを調達、評価額は$1.7B

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 43 Views

誰もが容易に自分のWebサイトを作れる、いわゆるWebサイトビルダーSquarespaceは、創業から14年の老舗だが、今General Atlanticからの約2億ドルの資金調達を進めている。Bloombergによると、同社の評価額は17億ドルである。この資金調達プランと並行して、初期の社員や投資家から株を買い上げる計画もある。それにより、IPOを待たずして流動化(現金化)の機会が彼らに与えられる。

Squarespaceはずっと黒字企業で、今年の売上は前年比50%増の約3億ドルになる見込みだ。同社の大型ライバルで上場企業のWixは、今年の売上予測が4億2400万ドルだ。

Squarespaceは、同社が作ったWebサイトの上で顧客が製品を売れるようになったら、上場してもよい、と考えているらしい。つまり、しかりとしたコマース機能のあるWebサイトを、顧客が作れるようにする、ということだ。

CEOのAnthony CasalenaはBloombergにこう言っている: “それが目下、いちばん要望の多い機能だ。自分のブランドを作って何かを売りたい人が、多くなってるね”。

Squarespaceはこの前、General Atlantic, Index Ventures, Accelなどから7850万ドルを調達している。それに関してSquarespaceは、コメントを断(ことわ)った。

[原文へ] (翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

Megan Rose Dickey

この人が書いた記事  記事一覧

  • ホームレスを家族と再会させるMiracle Messages

  • Googleマップが「バーガーキングを右折」と言うようになった

  • Lyftがドライバーの稼ぎを公表、それが本当なら空車時も含めて1時間平均20ドル弱

  • Tesla、国家運輸安全委員会(NTSB)との協同調査から撤退

関連記事

  • 稲垣吾郎・草彅剛・香取慎吾に聞く 「新しい地図」の思い

  • 小池知事に「排除」を宣告された、民進党リベラル派の憂鬱

  • フォルクスワーゲン、日本における「ザ・ビートル」の販売終了を予告

  • 子育てにイライラしたらどうするか? 大堀恵流の対処法

  • オープンソースのライブラリのセキュリティチェックと脆弱性フィックスを代行するSnykが$7Mを調達

  • ついに日本を滅ぼすほどの力を持ってしまったので、政治と情報発信のあり方について考察してみた