1. TOP
  2. 未分類
  3. Webサイトビルダーの老舗Squarespaceが巨額$200Mを調達、評価額は$1.7B

Webサイトビルダーの老舗Squarespaceが巨額$200Mを調達、評価額は$1.7B

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 76 Views

誰もが容易に自分のWebサイトを作れる、いわゆるWebサイトビルダーSquarespaceは、創業から14年の老舗だが、今General Atlanticからの約2億ドルの資金調達を進めている。Bloombergによると、同社の評価額は17億ドルである。この資金調達プランと並行して、初期の社員や投資家から株を買い上げる計画もある。それにより、IPOを待たずして流動化(現金化)の機会が彼らに与えられる。

Squarespaceはずっと黒字企業で、今年の売上は前年比50%増の約3億ドルになる見込みだ。同社の大型ライバルで上場企業のWixは、今年の売上予測が4億2400万ドルだ。

Squarespaceは、同社が作ったWebサイトの上で顧客が製品を売れるようになったら、上場してもよい、と考えているらしい。つまり、しかりとしたコマース機能のあるWebサイトを、顧客が作れるようにする、ということだ。

CEOのAnthony CasalenaはBloombergにこう言っている: “それが目下、いちばん要望の多い機能だ。自分のブランドを作って何かを売りたい人が、多くなってるね”。

Squarespaceはこの前、General Atlantic, Index Ventures, Accelなどから7850万ドルを調達している。それに関してSquarespaceは、コメントを断(ことわ)った。

[原文へ] (翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

Megan Rose Dickey

この人が書いた記事  記事一覧

  • Uber、サンフランシスコとピッツバーグの自動運転車操作員をレイオフ

  • Uberのドライバーが受け取ったチップは年間総額6億ドル

  • Google、反多様性メモ発覚後初の多様性報告書を発表ー黒人とヒスパニック系の従業員確保が課題

  • Tesla、社員9%をレイオフ

関連記事

  • Microsoftが量子コンピューティング開発キットのプレビューをリリース

  • Vivoのオールスクリーンスマートフォンはカメラが飛び出し方式で6月にデビュー

  • 一方通行の「国際理解教育」はかえって相互理解の妨げになりかねない

  • サウジが入国審査職を女性に解禁 → 10万7000人の応募が殺到し、サイトダウン

  • セクハラ行司「男色じゃない」と弁明⇒IKKOが怒りの声 同性愛への認識不足を指摘

  • 世間を騒がせたトーニャ・ハーディングの伝記映画、『I, Tonya』の予告編が公開