1. TOP
  2. 未分類
  3. 「世界一の美少女」ロシアの6歳に欧米メディアもざわつく インスタフォロワー80万

「世界一の美少女」ロシアの6歳に欧米メディアもざわつく インスタフォロワー80万

未分類
この記事は約 4 分で読めます。 254 Views

Instagramで80万人以上のフォロワーを抱え、「世界最高の美少女」と注目されているロシア人がいる。モスクワ在住のアナスタシア・クニャーゼワちゃん(6)だ。欧米のメディアが最近、相次いで報じ、世界的にファンが増えつつある

//platform.instagram.com/en_US/embeds.js

大きな瞳と艶やかなブロンドの長髪。そんな容姿が特徴のアナスタシアちゃんがポーズを決める写真が並ぶ。母親のアンナさんが投稿しており、その数は800を超える。

//platform.instagram.com/en_US/embeds.js

ロシアのニュースサイト「レグナム」によると、アナスタシアちゃんはモデル事務所「プレジデント・キッズマネジメント」に所属し、5歳ごろからプロのモデルとして活動を開始。複数の子ども服ブランドと契約しているという。

//platform.instagram.com/en_US/embeds.js

アナスタシアちゃんの認知度が世界的に上がったのは、イギリスのタブロイド紙「デイリーメール」の電子版が報じたのがきっかけだ。同じように美少女として有名になったフランスのモデル、タイラン・ブロンドーさんに続く「世界で最も美しい少女」と称した。

//platform.instagram.com/en_US/embeds.js

これに触発される形でロシアメディアも相次いで報道。タブロイド紙「モスコフスキー・コムソモーレツ」電子版は、アナスタシアちゃんが所属する事務所の担当者、アルチョン・クーハルさんのインタビューを掲載した。主なやり取りは以下の通り。

―世界一の美少女と言われていることは予想外でしたか。

全く予想外でした。ナスチャ(アナスタシアの愛称)と私たちが出会ったのは、ちょうど彼女が2歳半のころでした。そのとき、私たちは身長95センチの子どもを探していて、約200人の子どもから彼女を選びました。

―選考基準は何でしたか。

まずは容姿です。それは当然ですね。ナスチャは人形のような顔立ちで、とてもきれい。それと撮影やショーなどにおける順応性ですね。それは簡単なことではありません。時間がかかりますし、熱意も必要です。ナスチャははっきりと撮影が好きそうでした。一緒に働く子どもや大人たちともしっかりとしたコミュニケーションも取れていました。

―彼女の母親のアンナさんはInstagramに写真を投稿しています。それはモデル業を後押ししていると思いますか。

ええ、もちろん。今はソーシャルネットワークが流行っていますからね。モデル業界でやっていける子どもたちは、親が熱心な場合です。アンナさんはナスチャの才能を成長させていますね。

―アナスタシアちゃんは将来、プロのモデルとして活躍できると思いますか。

それについては私がどうこう言える立場ではありません。ただ、1つだけわかっていることがあります。ナスチャはすでに本物のプロのモデルだということです。

https://scdn.line-apps.com/stf/line-news/js/thirdparty/banner2.js


Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 厄介で大嫌い…のはずだった入学式。なんだかおかしなことが起きた

  • クリス・プラット、MTVアワードの受賞スピーチで下品なネタを投下

  • 東京芸大がミスコンを中止 「企画してしまったことを浅はかであったと痛感」

  • 終わらない戦争 慰霊の日に寄せて

関連記事

  • 「息子よ、思いどおりにならないのが人生だよ」作家・辻仁成が語る、家族の絆

  • 次代の香港を担う「陳智思」という男–樋泉克夫

  • サイボウズ式:アクセルを踏みたい社長とブレーキを踏みたい副社長──かみ合わなかったふたりは今、「会社さんなんていない」と思っている

  • フェミニズムの本は売れない?(前半 本を売ることで地域に寄与する――埼玉県朝霞CHIENOWA BOOK STORE)

  • Microsoftの説では今Windows 10が動いているデバイスは全世界で7億台弱

  • 産後1カ月で仕事に復帰する割合は、44.8% フリーランス女性の出産・保育に「セーフティネットを」の訴え