1. TOP
  2. 未分類
  3. こんなに小さくても、声をあげる。 手のひらサイズの「極小新聞」が渋谷で号外配布される。

こんなに小さくても、声をあげる。 手のひらサイズの「極小新聞」が渋谷で号外配布される。

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 94 Views

スマホよりも小さな、手のひらサイズの「極小新聞」。

めくってみると、障害者やLGBT、シングルマザーなど「マイノリティ」と呼ばれる社会的少数者の声が並ぶ。

サイズが小さいこと以外は、普通の新聞と同じようなレイアウトで、4コマ漫画も、広告も入っており、手に取ると少し不思議な感覚に陥る。

12月10日の「世界人権デー」に合わせて、東京新聞が約5000部を発行したもの。渋谷の街で号外として配布される予定だ。また、希望者から抽選で1000名に郵送するという。

「Silecened Newspaper」と名付けられたこの新聞。約89mm×約 63mmの小さなサイズは、マイノリティの象徴だ。

実物と比較して見ると、その小ささは一目瞭然。

「世の中には知っていると思っていても、まだまだ埋もれたり、沈黙させられたりしている声があると思います。その状況を視覚化し、人権について考えるきっかけになればと願いました」。

世界人権デーに合わせた実施した本企画ついて、担当者はハフポスト日本版にそう語った。

見開き8面の新聞には、歌手でタレントのミッツ・マングローブさんや、女性から男性に性転換した3人組アイドルのSECRET GUYZ(シークレットガイ ズ)をはじめ、ダウン症候群の若者や視覚障害者、高齢者、シングルマザー、貧困家庭の子どもを支える「子ども食堂」の理事長など、8 組の”マイノリティ”と呼ばれる人々の声が掲載された。

約5000部のリアルな極小新聞に加え、特設サイトでも紙面を見ることができる。

紙面でミッツ・マングローブさんは、「LGBTという言葉自体に違和感がある」と指摘し、あれもこれも名前をつけてカテゴライズしてしまう風潮に疑問を投げかけた。

もしかすると、マイノリティの声を可視化し、お互いの違いを認め合った先には、”マイノリティ”という言葉自体が消滅する時代がくるのかもしれない。

Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 「つぶせ」の指示、「けがさせろ」か「思い切り当たれ」どっちだった?日大と選手で真っ向対立

  • 狛江市長がセクハラを認める。「心には一点の曇りもなかった」と釈明

  • 裁判員制度「市民からの提言2018」<提言⑦>裁判員候補者のうち希望する人に「裁判員事前ガイダンス」を実施すること

  • 新生児育児を夫婦で満喫しよう その9 「ママじゃないと泣き止まない」なんてことは絶対ありません!

関連記事

  • AppleのARkitベースのARアプリをプレビューしてきた――iOS 11公開で一挙巨大市場に

  • スタバ8000店で人種差別研修 友人を待っていた黒人男性逮捕への批判を受けて

  • PyTorchとCaffe2両モデル間の変換ツールをFacebookとMicrosoftが共作、機械学習商用化のスピードアップ

  • 今の時代、「下積み」なんて必要なの? 仕事と育児とやりたいコト、全部やる

  • 誕生から10年、Appleが「iPhone X」を発表

  • 徹底検証:岩波書店『広辞苑』の「台湾記述」どこが問題か–野嶋剛