1. TOP
  2. 未分類
  3. 4歳の息子がある日「スカートはきたい」と言ってきた

4歳の息子がある日「スカートはきたい」と言ってきた

未分類
この記事は約 4 分で読めます。 78 Views

息子が選んだスカート

半年くらい前だったと思う。4歳半の息子が「スカートはきたい。買って」と言い出した。

初めて言われたときは正直、うーーーんとなった。

以前からピンクやパステルカラーが「好き」と言っていて、ピンク地にリボンやキャンディーの柄が散らばったような、自転車ヘルメットや傘を選んだりしていた。

それ自体は自分の中では全然OKというか、むしろ息子にジェンダーバイアスかかっていなくて、むしろよかったと思っていた。

そうだったのだけど、スカートに対しては、わたし自身のなかの「ジェンダーバイアス」(心の壁)ドーン!とそびえ立っていた。

今年1月、仮面ライダーのベルトが欲しいと泣きじゃくる女の子に母親らしき声が「女の子だから買わない」「男の子のおもちゃだから」など返す動画がTV番組で紹介され、Twitterで話題を呼んだ

あの動画を見て、性別を理由に、本人の意思を言語道断に拒否したくないと思った。でも、実際そういう場面に自分が置かれると、自分の中の「心の壁」がどうしても「男の子にスカート」をすぐに受け入れられない。

試されているような気持ちになった。ヘルメットとスカートの間には、まるで大きくて深い谷があるかのように大まじめに悩んでいる自分。ばかばかしい。とはいえ、バイアスという壁に居座る許容できない自分がまだいて、もてあました。

彼の求めをのらりくらりとかわしていたけれど、でもあまりにしつこく頼まれて、近所の子ども服屋でやっすいのを、ヤケ気味な気持ちで買った。白いレースがふわっとなった、チュチュっぽい、いまどきの女の子が着るかわいらしさ満点のやつ。息子が選んだ。

もう少し抑えめでいいのに、こんなかわいいのを選びやがって。買いながらクサクサした気持ちになる自分の怒りのポイントがずれていて、ヘンテコだった。

着せて電車に乗り、フランスのインターナショナルスクールの文化祭に出かけた。色白で女の子にも間違えられることもある息子でも、スカートをはくと、見慣れないからヘンテコに見えた。だけどすれ違う人たちはだれも不思議そうには見なかった。

本人に聞くと、園でもスカートをはきたいと言っていて、断られることが多いけど、でも1度だけ着せてくれた先生がいたそうだ。

その白いのをどこかにしまいこんで、しばらくスカートのことは忘れていた。そうしたらまた最近、「買って」と言われた。

今度も少しだけうーーんとなったが、前回ほどではなく、ユニクロで冬物の服と一緒に買いにいった。小豆色の、クルッと回ると、フワッと広がるプリーツが入ったやつ。

スカートなら何でもいい訳ではなく、そういう、フワッとクルッとなるのが好きみたい。

うれしそうに「みてー」と、くるくると回る息子。

でも前回と違うのは、最初はスカートをコソッとはきたがったことだ。前回は堂々と欲しいと言っていた。最近「男の子だから」とか「女の子だから」と、彼なりのジェンダー観を言うようになったので、本人の中にもバイアスができはじめたんだな、と思った。

自分は男の子なのにスカートという、女の子がはくものをほしがっている、と。でも欲しさが募る、このギャップというか、葛藤というか。

4歳児にも、「世間様」のまなざしがしっかりと内面化されている一方、「着たい」という意思もしっかり育っていたのだった。

先週末、この小豆色のスカートにスパッツをはかせて動物園に出かけた。くるくる回りながら歩く息子とハラハラドキドキするわたし。

途中で地元の神社でお餅つきしていたので寄った。そこで園のお友達の家族に会った。でもだれも不思議そうな顔をしていなかった。

なんだろね、スカートはいて、とは思ったかもしれないが、そんなことを指摘してくる人もいなかった。指摘されたのは、息子の口のまわりに安倍川餅の甘じょうゆのたれがついたままになっているから拭いてあげた方がいい、ということくらいだった。

その日、スカートはいた息子と動物園を回るうち、わたしもどうでもよくなった。

Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 厄介で大嫌い…のはずだった入学式。なんだかおかしなことが起きた

  • クリス・プラット、MTVアワードの受賞スピーチで下品なネタを投下

  • 東京芸大がミスコンを中止 「企画してしまったことを浅はかであったと痛感」

  • 終わらない戦争 慰霊の日に寄せて

関連記事

  • 薬物中毒の女の赤ちゃんを、警官が養子に「助けたくても何もできないことが過去にたくさんあった」

  • 2月10日以降の天気、日本海側を中心に再び大雪のおそれ

  • 巨額赤字のLeEco〔楽視〕ファウンダーに帰国命令――中国証券監督管理委員会が公開状

  • 可愛過ぎる!「アイラブユー」と喋る生後2ヶ月の赤ちゃん【動画】

  • 「プーチンはもう飽きた」 ソーシャルメディアにあふれる不満の声 不正投票も相次ぐ

  • 市川海老蔵、長男・勸玄くんをぎゅっと抱きしめる写真公開