1. TOP
  2. 未分類
  3. IntelとHyperがOpenStack Foundationとパートナーしてコンテナのセキュリティで独自技術

IntelとHyperがOpenStack Foundationとパートナーしてコンテナのセキュリティで独自技術

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 87 Views

【抄訳】
すでに周知のように、OpenStack Foundationは今後、その名前が示すような単一のビッグプロジェクトだけでなく、もっと多様なオープンソースプロジェクトのホームになる、と宣言している。そこで今日、同Foundationが発表したのが、Kata Containersプロジェクトのローンチだ。

Kata Containersは、実行環境の仮想化/隔離化に関してコンテナと仮想マシンの良いとこ取りをするようなオープンソースプロジェクト(GitHub上)だ。コンテナからはそのスピードと柔軟性と管理性を、そして仮想マシンからはとくにそのセキュリティをいただく。この技術のベースは、IntelのClear Containersと、Hyperのハイパーバイザーランタイム(仮想マシン環境)runVだ。

OpenStack Foundationの事務局長Jonathan Bryceによると、彼のこの組織は、クラウド上の本格的なワークロードの実行を容易にするような、別のプロジェクトを求めていた。“OpenStack Foundationではユーザーコミュニティにフォーカスし、そのニーズに応えるものを作っている。それが、OpenStackの本来のサービスより大きいことも、ありえる”、と彼は語る。

では一体、Kata Containersプロジェクトとは何なのか? その基本的な着眼は、確かに優れた技術であるコンテナにも、長年手付かずのセキュリティの問題がいくつかあることだ。とくに複数のコンテナが仮想マシンを共有して動いていくときには、それぞれを完全に隔離孤立することが難しい。Kata Containersはこの問題を、それぞれのコンテナにきわめて軽量な仮想マシンとカーネルを与え、各コンテナないしコンテナポッドが自分だけの隔離された環境で動き、ネットワーキングもI/Oもメモリそれぞれ独自に割り当てられるようにすることで、解決しようとする。またIntelがプロセッサーに組み込んでいる仮想化技術により、ハードウェアレベルでの隔離孤立も利用する。

Kata Containersは現在、Kubernetes, Docker, およびOpenStackを統合し、x86アーキテクチャのプロセッサーでのみ動く。サポートしているハイパーバイザーは、KVMのみである。今後、他のアーキテクチャやハイパーバイザーにも拡張していくプランはある。

HyperとIntelとの技術融合には約1年を要しているが、この技術は多方面から期待されていて、すでにCanonical, China Mobile, CoreOS, Dell/EMC, Google, Huawei, JD.com, Mirantis, Suse, Tencent, ZTEなどがこれをサポートしている。

【後略】

[原文へ] (翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

Frederic Lardinois

この人が書いた記事  記事一覧

  • AWS EC2にさらに高速、大容量の新インスタンス登場

  • Snowball EdgeでEC2を現場で動かせるようになった――AWS、エッジ・コンピューティングをさらに強化

  • BMWはなぜ一貫した顧客体験を追求するのか

  • Datadogが立ち上げたWatchdogは機械学習でクラウドアプリケーションの健康をチェックし続ける

関連記事

  • シニア層は否定的でも、若い世代には不倫は当たり前?「中高生の時にモテなかった人が不倫に走る」説も

  • 財務省のセクハラ疑惑 「被害者名乗り出ろはおかしい」広がる署名

  • 膵臓がんと告知されたお母さんの日記(第19話:「死別と再婚」)

  • 広島カープ、セリーグ優勝 有吉弘行「最高です! さあクライマックスも!」(画像)

  • ジェネリック使用増より、処方量減が大切では?

  • 稲垣吾郎と香取慎吾、テレビCMに復活 「新しいものに挑戦してお互い頑張っていきたい」