1. TOP
  2. 未分類
  3. 『タイタニック』公開から20年 根強い「ジャック生き残れた説」について監督が再コメント

『タイタニック』公開から20年 根強い「ジャック生き残れた説」について監督が再コメント

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 90 Views

映画『タイタニック』公開から20年が経った今も、ジェームズ・キャメロン監督はあの名場面に対する説を否定し続けている。

キャメロン監督は、米『ヴァニティ・フェア』誌によるインタビューで、ジャックが生き残れたという説について以下のように語っている。

米『ヴァニティ・フェア』誌:『タイタニック』についてよく聞かれる質問が1つあります。恐らく監督ご自身、何度も聞かれたことでしょう。

ラストシーンで、ドアの上にいたローズ(ケイト・ウィンスレット)はなぜ、ジャック(レオナルド・ディカプリオ)のために、スペースを空けてあげなかったのでしょうか?

ジェームズ・キャメロン監督:答えは非常に簡単で、台本の147ページに”ジャックは死ぬ”と書いてあるからです。実に簡単な事です・・・アーティスティックな観点からそうするしかなかったんです。

それに、ローズを支えることはできても、ジャックを支えられる程、大きなドアではなかった・・・20年後の今もこうして議論をしているなんて、本当におかしなことだと思いますよ。

しかし、これによって、映画がジャックを魅力的に描いたという点でも大成功を収めた、という事を示しているとも言えます。

観客はジャックが死ぬシーンを見て、それだけショックを受けたのだということですからね。しかし、もし彼が生き延びていたら、エンディングは意味を成さなくなってしまいます・・・あの映画は死と別れを描いたものです。

ですから、ジャックの死に方はあれでなくても、例えば彼の上に煙突が倒れてきたのだとしても、とにかく彼は下に沈んで行く必要があった。それを我々は芸術と呼ぶのです。芸術的な理由で”こと”は起こるのであって、物理的な理由ではありません。

米『ヴァニティ・フェア』誌:監督はいつもなら物理的なことに相当こだわられますよね。

ジェームズ・キャメロン監督:そうです。実際、私も水に入り、1片の木のに人を載せるテストを2日間行いました。

1人の人間を1枚の板が十分な浮力で支えることが可能なのか、つまりローズがマイナス2度の海水に浸からず、3時間このままの姿勢で救助船の到着まで生き延びることができるのか確かめるためにね。

ジャックは、ローズが1時間後にライフボードに助けられるとは知らなかったでしょう。彼はいずれにせよ亡くなりましたから。

我々は、観客が見るシーンを正確に、綿密に調整しました。私はあの時そう信じていたし、今もそう思うからです。あれは、1人の人間だけが生存できる物でした。

いずれにしても、ジャックが生きていたかもしれないという願いはファンの胸にいつまでもありつづけるだろう。

■参照リンク

http://www.moviefone.com/

(2017年12月3日AOLニュース「『タイタニック』ジェームズ・キャメロン監督、ジャックが生き残れた説をいまだに否定」より転載)

【関連記事】


Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • スヌーピーミュージアムが町田市に移転! 六本木のミュージアムの閉館で悲しむファンに朗報

  • 尾畠春夫さんの思い 「困った時はお互い様。明日は我が身かもしれないから」 男児発見から一夜

  • フィンランド最大の音楽フェスで、自分の〝好き〟を表現する人たちに出会った。

  • オウムのジェットストリームに巻き込まれ、シャツの袖から出てきた蜂を追い回す

関連記事

  • 甲板員が素晴らしいウェイターになることを知る ―― なぜそれが重要なのか

  • 【 #新卒リアル 】新人賞を目指した1年間と、これからのこと。

  • ドイツ敗退、ブラジルメディアが壮絶煽りツイート「AHAHAHA….」

  • 「教会が同性愛反対集会の先頭に立つのはやめよう」牧師の主張理由が実に興味深い

  • ホワイトハウスの美人暫定広報部長が、ある有名人に激似と話題に

  • FCC、ロボコール業者に罰金1億2000万ドルを科すも「海をスプーンで空っぽにするようなもの」