1. TOP
  2. 未分類
  3. フィル・ロード&クリス・ミラー監督、『ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』からの降板について口を開く

フィル・ロード&クリス・ミラー監督、『ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』からの降板について口を開く

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 45 Views

Filed under: , , ,

フィル・ロード監督とクリス・ミラー監督は、『スター・ウォーズ』シリーズやルーカスフィルムに特に恨みはないようだ。


2人は11月18日にロサンゼルスで開催された「Vulture Festival」で、『ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(2018年に公開予定)からの降板について初めて口を開いた。両監督は6月にこのプロジェクトから離れることになり、ベテランのロン・ハワード監督が受け継いだ。実は、この降板はまったくの円満だったようだ。

フィル監督は、次のように語っている。「この映画の撮影は、実に良い経験だった。最高の出演者やクルー、コラボレーターたちに恵まれた。・・・私たちがこのプロジェクトから去ったということに関しては、みんなが本当に良い方に向かっていたし、そもそも私たちの映画製作の方向性がみんなとは違っていた。そこにはすごく大きなギャップがあり、埋めるのには大きすぎだということが分かった」

そして、笑いながらこう語った。「時に人は別れる。本当に悲しくて落胆するものだけど、それはやって来る。私たちはコラボレーターたちから多くを学んだよ」

降板のあと、2人はしばらく休暇を取り、現在は、自分たちのプロジェクトに取り掛かっている。

またクリス監督は、「現在、私たちは『LEGO(R)ムービー』続編(2019年2月8日に全米公開予定)の脚本を書いていて、劇場版アニメ『スパイダーマン』(2018年12月に全米公開予定)のプロデュースに取り掛かっている」と語った。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

Permalink

Source: AOLニュース

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 殺害された女性ジャーナリストの取材を15カ国18メディア45人が受け継ぐ

  • ニューヨークのスタートアップは今、セキュリティ分野が優先事項になっている

  • ホセが強制的に送られた施設は、ナチスの収容所でも、刑務所でもなかったが…

  • 「障害者スポーツは福祉なのかスポーツなのか。」パラスポーツの可能性

関連記事

  • バイオ専門のアクセラレーターIndieBioが初めてのデモデー、14社が勢揃い

  • Boston DynamicsのSpotMiniが人類に代わって地球を支配したらこんな光景か?

  • ヒラリー・クリントンがグラミー賞授賞式にサプライズ登場!

  • また日本から大型ICO、今度は金融向け独自チェーン開発でQUOINが11月6日に開始

  • レッドブル創業者の孫を国際手配 ひき逃げした警官が死亡、出頭せず世界を飛び回る

  • 「料理は妻の方が得意」も「女性はマルチタスク」も思い込み? 坂井恵理さんが漫画を通して伝えたいメッセージ