1. TOP
  2. 未分類
  3. ジープ・ラングラー、2020年にプラグインハイブリッドを採用へ

ジープ・ラングラー、2020年にプラグインハイブリッドを採用へ

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 46 Views

Jeep Wrangerといえば、「ジープ」と聞いてほとんどの人が思い浮かべる車だろう。そのWranglerが新たな駆動方式の世界に飛び込み2020年にプラグインハイブリッドを導入する。PHEVバージョンのWrangerが発表されたのは今週のLA Auto Show(Roadshow)で、EcoDiesel車と通常のガソリン車とともに紹介された。

このプラグインジープに関してほとんど情報はない。Chrysler Pacificaのハイブリッド車から、電気駆動航続距離33マイル、全体燃費32マイル/ガロンのシステムを借用する可能性はある。通勤には電気を使い、週末のオフロード走行にはガソリン、という乗り方になるのかもしれない。

これが実証済みのWrangerブランドから少々離れるものになることは間違いない。それでも各自動車メーカーはEVやハイブリッドの利用が理にかなう場面を、消費者とメーカー両方の視点で考えている。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

Darrell Etherington

この人が書いた記事  記事一覧

  • Einrideの自動運転トラックはNvidiaを搭載、今秋出荷を開始

  • Uberの自動運転車はNvidiaのDriveコンピューティングプラットホームを使っていなかった

  • Uberはアリゾナ州の路上の自動運転車のテストを禁じられた

  • イーロン・マスクのThe Boring Co.の次の商品は、トンネルの岩から作られた大きなレゴブロックになる

関連記事

  • トヨタのジャパンタクシーは注目の的――ハイブリッドでタクシー専用車のスタンダードを目指す

  • 大みそか・元日ぐらいは休みたい。ロイヤルホストや大戸屋が、「年中無休」の看板を下ろし始めた。

  • ユニットバス・クッションフロア・蛍光灯からの脱却

  • 着やすいミリタリー。タフでシンプルな精鋭ジャケットが集合。

  • 年間1万人が訪れる障がい者施設。 鹿児島・しょうぶ学園の新たな挑戦

  • スマートロック分野を狙っているのはAmazonだけではない