1. TOP
  2. 未分類
  3. イーロン・マスクは彼の個人所有のTesla車を火星の軌道にのせる

イーロン・マスクは彼の個人所有のTesla車を火星の軌道にのせる

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 102 Views

これまでで最も強力な再利用可能ロケットであるSpaceXのFalcon Heavyは、その壮大な最初の打ち上げに際して、イーロン・マスク個人の所有するTesla車を搭載する予定だ。

(もともとは11月に予定されていた)打ち上げが2017年内には間に合わないという報告に続けて、SpaceX CEOのイーロン・マスクは、その打ち上げが1月に行われる予定だと述べた。そしてマスクらしいことだが、そこで話は終わらなかった。

マスクは、ロケットに搭載される荷物が、彼自身のTesla Roadster(ミッドナイトチェリー色)であること、そして発射の際にはデビッド・ボウイのSpace Oddityが流されることを発表した(同曲の中にはカウントダウン音声が入っている)。

計画されている目的地は火星である。マスクは、うまくいけば、彼の個人所有の車は、惑星の軌道に「10億年」留まるだろうと語った。

マスクのツイートは、Falcon Heavyの打ち上げが2018年の早期に行われるだろうという報告と共に行われた。

SpaceXの社長であるGwynne Shotwellは、Aviation Weekに対して、同社が2017年末までに、27基のMerlinエンジンを同時に使ったFalcon Heavyロケットの静止点火試験を計画していると語った。それが大きな問題なく進んだならば、実際の打ち上げは数週間以内に行われるだろう。

時間的制約は厳しいものの、イーロン・マスクはイーロン・マスクだ。すれが素晴らしい光景になることは確かだ。

[原文へ] (翻訳:sako)

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

ardbeg1958

この人が書いた記事  記事一覧

  • Airtableが非技術者のためのツールで複雑なソフトウェアを開発できるようにするために5200万ドルを調達

  • Magic LeapがARヘッドセットMagic Leap One ‘Creator Edition’をお披露目、出荷は2018年の予定

  • イーロン・マスクは彼の個人所有のTesla車を火星の軌道にのせる

  • Amazonが基本的なIoT機器のためのリアルタイムOS(Amazon FreeRTOS)を発表

関連記事

  • 「楽しいことが何もなかった」 帰国会見で羽生結弦が明かした“苦しかった”胸の内

  • IKEAが「妊娠検査薬」付きの広告を発表、陽性反応でたらベビーベッドを割引き

  • Slackだと流れていく情報をチーム内に蓄積できる「Stock」が正式公開、ベータ版は2200社が利用

  • Appleの今年の感謝祭CMは雪のプラハで踊るペア――AirPodsをフィーチャー

  • 危険タックル事件、被害届と平行し、日大選手の嘆願書も提出へ 負傷選手の父親が会見

  • 聖書の教えならトランプ大統領は“神の子”? 福音派とマッチする「アメリカ・ファースト」の姿勢