1. TOP
  2. 未分類
  3. 藤崎マーケット、新婚の田崎佑一が腎臓がんの手術を受けていた

藤崎マーケット、新婚の田崎佑一が腎臓がんの手術を受けていた

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 46 Views

藤崎マーケット、お笑いコンビ (左)田崎佑一 タサキユウイチ (「第1回一発屋オールスターズ選抜総選挙2015」の開票イベント=10日、東京都新宿区の「ルミネtheよしもと」) 

お笑いコンビ「藤崎マーケット」の田崎佑一(36)が、11月22日に腎臓がんの手術を受け、大阪市内の病院に入院していることが分かった。12月1日、サンスポなどが報じた。

田崎は今夏、5年半交際した一般女性と結婚。11月7日、本人が公式Twitterで「明るい家庭を築いていこうと思います」と、発表していた。

https://platform.twitter.com/widgets.js

田崎は、婚姻届の提出前に人間ドックを受診。左の腎臓に腫瘍が見つかり、がんの疑いがあると診断された。腫瘍は約2.5センチだったため、仕事が落ち着いたタイミングで11月21日に入院し、摘出手術と生体検査を受けた。現在は病院で治療を受けているが、来週半ばにも退院する予定だという。

病いの不安を抱えながらも、9月の「歌ネタ王決定戦2017」で優勝。歌ネタの新境地も開拓。2018年2月に挙式・披露宴を大阪市内で行う予定だ。

ファンからは「びっくりした」「手術も成功して一安心ですね」「本当にお大事に」などの声が寄せられている。

■藤崎マーケット

藤崎マーケットは2005年10月結成。タンクトップ姿でリズムに乗って踊る「ラララライ体操」で一躍人気者になった。08年以降は漫才とコントに専念し、関西に拠点を移した。9月に行われた「歌ネタ王決定戦」で優勝を果たした。父は診療放射線技師、母は看護師。

Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 殺害された女性ジャーナリストの取材を15カ国18メディア45人が受け継ぐ

  • ニューヨークのスタートアップは今、セキュリティ分野が優先事項になっている

  • ホセが強制的に送られた施設は、ナチスの収容所でも、刑務所でもなかったが…

  • 「障害者スポーツは福祉なのかスポーツなのか。」パラスポーツの可能性

関連記事

  • 「自衛隊」と「自衛権」

  • Uber、人身売買撲滅への取組みを強化

  • ジョン・レジェンド、社会事業を立ち上げる 「今の自分がいるのは、信じてくれた先生がいたから」

  • メーガン・マークルとキャサリン妃、科学的に美しい顔の持ち主はどっち?

  • 将来の年収1000万円より新しい挑戦。銀行から営業、経験ゼロの人事へと渡り歩いたワケ

  • 「世界一ホットな母親」として話題のプレイボーイモデル、イルディコ・フェレンツィとは?