1. TOP
  2. 未分類
  3. Amazonが基本的なIoT機器のためのリアルタイムOS(Amazon FreeRTOS)を発表

Amazonが基本的なIoT機器のためのリアルタイムOS(Amazon FreeRTOS)を発表

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 80 Views

IoTデバイスについて検討する際に、カメラやセンサーの接続を考える可能性は高い。これらのデバイスのほとんどは、非常に基本的なCPUを搭載していて、Linuxやそれに類似するオペレーティングシステムを実行している。しかし、すべてのIoTデバイスが本物のCPUを実際に搭載しているわけではない。その代わりに、基本的なマイクロコントローラによって動作するものも多い。そうしたデバイス(例えば煙探知器などを想像して欲しい)は、しばしば古いものであり、クラウドに直接接続することはできない。そして、そうしたものたちは、FreeRTOSオペレーティングシステムとカーネルのいずれかのバージョンを使っていることが多い。

AWSのCEO Andy Jassyは、開催中のre:Invent会議で、同社はこの問題を考えて新しいオペレーティングシステムをAmazon FreeRTOSという形で実現することを発表した。これは非常に基本的なIoTデバイスの、開発とセキュリティを簡素化するために用意される「マイクロコントローラーオペレーティングシステム」である。これはクラウドに接続することが可能な、低電力コネクテッドデバイスの上で実行されることが想定されている。クラウドとは直接接続したり、AWS Greengrassを経由したりして接続することが可能だ。

Amazon FreeRTOSは、その名前が示すように、ローカルとクラウド接続用のライブラリを追加したFreeRTOSオペレーティングシステムの拡張版である。無線を使ったアップデート機能もこの先追加される予定だ。

[原文へ] (翻訳:Sako)

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

ardbeg1958

この人が書いた記事  記事一覧

  • Airtableが非技術者のためのツールで複雑なソフトウェアを開発できるようにするために5200万ドルを調達

  • Magic LeapがARヘッドセットMagic Leap One ‘Creator Edition’をお披露目、出荷は2018年の予定

  • イーロン・マスクは彼の個人所有のTesla車を火星の軌道にのせる

  • Amazonが基本的なIoT機器のためのリアルタイムOS(Amazon FreeRTOS)を発表

関連記事

  • いつものことと思って、慢性鼻炎を無視していませんか?

  • メキシコ地震の被災地で、大臣を乗せたヘリ墜落。地上の13人が死亡(現場写真)

  • 12歳から毎日セルフィーを撮り続けた男 圧巻の2500枚…

  • Appleとスピルバーグ、『世にも不思議なアメージング・ストーリーズ」をリメークへ

  • 悪びれず遅刻してきたアイツに言ってやりたい…優しい貴方が強くなれる言葉3つ

  • 79歳で現役デザイナー、菊地武夫氏に学ぶ感性の育て方