1. TOP
  2. 未分類
  3. 絶対インスタ投稿したくなる展覧会に行ってきました。

絶対インスタ投稿したくなる展覧会に行ってきました。

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 91 Views

突然ですが、やばいです!

うおおおおお、やばいって!

あああああ、たのしい!

どうなってるのか、わかりました? では、タネ明かしを……。

実は、こんな風になっています。正面にあるのは鏡で、建物は床に描かれている絵です。

だから、これはピンチ! じゃなくて…

床に寝てるだけ。

これ、東京・六本木の森美術館でやっている展覧会「レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル」に展示されているアート作品のひとつです。作者は1973年、アルゼンチン生まれの現代アーティスト。作品を見ていると、不思議な世界に連れて行かれそう。

たとえばこの船、浮かんで見えますが、水はありません。

机に座ると、教室の絵にぼんやりとした影が現れて…ホラーっぽい。

めっちゃ遊べる深く考えさせられる作品が、いくつもありました。

しかも、この展覧会、写真撮影・インスタ投稿も大歓迎なんです(フラッシュはダメ)。

ほかにもインスタ映えする作品がいくつもあって、写真を撮るのに忙しい……。

作品に込められた考えを知れば、もっと楽しめるかも。森美術館のキュレーター・椿玲子さんが、エルリッヒ作品の魅力と、その背景にある思想を解説してくれました。

「『習慣や既成概念は、恐ろしいほどの耐久性で、私たちがおそらく気づかないくらいに、私たちのリアル、現実認識をコントロールしている。そうした事実について、鑑賞者が作品を通じて考えるきっかけになれば良いと思っている』と、エルリッヒは語っています」

「本展の副題『見ることのリアル』には、まさに、こうしたエルリッヒの希望と決意が込められているのです」

なるほどですね〜。

来て、見て、体験して、考える…。五感で楽しめる展覧会、そんな「レアンドロ・エルリッヒ展」でした。

==========
レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル
会期:2017年11月18日(土)~ 2018年4月1日(日) ※会期中無休
会場:森美術館
開館時間:10:00~22:00(最終入館 21:30)※火曜日のみ、17:00まで(最終入館 16:30)
==========

Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 「つぶせ」の指示、「けがさせろ」か「思い切り当たれ」どっちだった?日大と選手で真っ向対立

  • 狛江市長がセクハラを認める。「心には一点の曇りもなかった」と釈明

  • 裁判員制度「市民からの提言2018」<提言⑦>裁判員候補者のうち希望する人に「裁判員事前ガイダンス」を実施すること

  • 新生児育児を夫婦で満喫しよう その9 「ママじゃないと泣き止まない」なんてことは絶対ありません!

関連記事

  • 漫画家の黒岩よしひろさん、心筋梗塞で死去 「鬼神童子ZENKI」などで人気

  • ここはどこ? 徒歩0分の景勝地「海の見える駅」が素敵すぎる

  • 「反対が出ても良いじゃん」街とLGBTの橋渡しとなった商店街会長と考える、ダイバーシティと街づくり

  • Amazon、130ドルのEcho Spotでスマート目覚まし時計と対決

  • QualcommのCEO曰く: Spectre/Meltdown問題はモバイルの世界ではとっくに対策済み

  • 大晦日の炊き出し現場、そして「明日を生きてもいいですか」デモ。