1. TOP
  2. 未分類
  3. セレーナ・ゴメスが腎臓移植後初ステージで口パク疑惑、厳しい声も

セレーナ・ゴメスが腎臓移植後初ステージで口パク疑惑、厳しい声も

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 80 Views

Filed under: , , , , ,

セレーナ・ゴメスは、19日の夜(現地時間)に行われた「アメリカン・ミュージック・アワード(AMA)2017」で、マシュメロとコラボした最新ヒット曲『ウルヴス』を披露した。腎臓移植後初のパフォーマンスとなったが、「口パクをしているのでは?」とツイッターユーザーがすぐに反応したのだ。


白いスリップドレスとスニーカーという衣装に新たなブロンドヘアというルックスで、ゴメスは颯爽とスポットライトの輝く場所へと戻ってきた。演出による血糊を顔や体に付け、圧倒のパフォーマンスであった。

しかし、これを観ていたすべての人が好印象を抱いた訳ではなかったようだ。

「最悪の口パク・パフォーマンス賞をセレーナ・ゴメスに」、「ねぇ、セレーナ・ゴメス。もし口パクをやるって決めたんなら、もうちょっとそれらしくやったら?」と、厳しいコメントが続出。

予想通り、ゴメスは、こういった批判へ一切反応しなかったが、この日早く会場を離れると、インスタグラムのストーリー機能で応援してくれるファンに向け感謝の念を伝えた。結局のところ、ツイッターユーザーの全員が彼女の口パク『ウルヴス』を信じたわけではなかったようだ。

ファンからは、「みんな思い出して欲しいんだけど、彼女は腎臓移植を受けたばかりで、今は回復しているところなの。そんな中、人生を懸けたパフォーマンスを披露したのよ」と、ゴメスをかばう声も。

『ウルヴス』のパフォーマンスでゴメスは正式にカムバックを果たした。しかしプライベートで持ち上がった問題では、ここ数週間、タブロイド紙を騒がせている。10ヶ月ほど交際を続けていたザ・ウィークエンドと今月初めに破局し、元カレのジャスティン・ビーバーと一緒のところを1週間のうち複数回、写真を撮られている。

■参照リンク
Pinterest『Check it twice: The extra nice list of holiday trends』
https://business.pinterest.com/
http://www.aol.com/

Permalink

Source: AOLニュース

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 「つぶせ」の指示、「けがさせろ」か「思い切り当たれ」どっちだった?日大と選手で真っ向対立

  • 狛江市長がセクハラを認める。「心には一点の曇りもなかった」と釈明

  • 裁判員制度「市民からの提言2018」<提言⑦>裁判員候補者のうち希望する人に「裁判員事前ガイダンス」を実施すること

  • 新生児育児を夫婦で満喫しよう その9 「ママじゃないと泣き止まない」なんてことは絶対ありません!

関連記事

  • 山中伸弥氏 『教育対論』 ~未来を拓くということ~〔3〕

  • 京王線からチラリと見える「謎の地下空間」 旧初台駅を知っていますか?

  • Mystの開発元であるCyanが、ゲーム25周年に向けて何かを仕込んでいるようだ

  • GW、お天気が崩れるのはいつから?

  • 病気の時こそ、綺麗でいたい。

  • 東日本大震災から6年半・・・ 『生きてやろうじゃないの!~歩き出したメッセージ』