1. TOP
  2. 未分類
  3. 地球の比較的近くに人が住めそうな惑星が見つかった、そこまでの距離は11光年

地球の比較的近くに人が住めそうな惑星が見つかった、そこまでの距離は11光年

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 88 Views

火星のことは忘れましょう。わずか11光年先に、地球ぐらいの大きさで、居住できるかもしれない惑星が見つかったのです。

Ross 128bと呼ばれるその惑星は、推定年齢70億歳の、生命にやさしい赤色矮星のまわりを周回している。

赤色惑星は銀河系でいちばんありふれた星で、知られている星の約70%を占め、その周回軌道上には水のある惑星がありえる、と言われている。つまりそれらの惑星には大気があり、生命をサポートしているかもしれない。

ここ数年、そういう赤色惑星を周回している、居住可能かもしれない惑星の発見が爆発的に増えた。というか、最近の研究によると、赤色惑星の恒星系の可住域には惑星が600億ぐらいあるかもしれない。その中でRoss 128bが話題になるのは、地球から近いからだ。

もっと近い地球サイズの惑星として、4.25光年先のProxima Centauriをご存知の読者もおられるだろう。でも、その恒星系の太陽である赤色惑星は若くて高温なので、惑星は灼熱地獄だろう。人が住める場所ではない。

Ross 128bには、人間が住めるかもしれないと思わせる特徴がいくつかある。まず、自転の揺れが安定している。その‘太陽’は高齢なので、かなり沈静化しているだろう。コンピューターのシミュレーションでは、雲におおわれているので水が表面から蒸散しない。ということは大気もあって、生命をサポートできるだろう。

この惑星を発見した科学者たちが、それを最初に報じたNational Geographic誌で語っているところによると〔日本語訳〕、今後はもっともっとデータが必要である。目下チームは、16光年以下の範囲内に、そのほかのRoss 128b的惑星を探している、ということだ。

[原文へ] (翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

Sarah Buhr

この人が書いた記事  記事一覧

  • 駆け足で振り返るDropboxの歴史

  • Amazonが数百名をレイオフ、人減らしというより過剰部門の調整のよう

  • DNA利用のナノボットがガン細胞攻撃に成功――折紙方式で畳まれ、標的で抗がん剤を放出

  • Cardiogramの研究によれば、Apple Watchは糖尿病を85%の精度で検出可能

関連記事

  • 「UFOだ」 アリゾナ州上空に未確認飛行物体、2人のパイロットが目撃

  • グラフェンを使ったランニングシューズは早々と来年市販される、奇跡のように

  • ダイムラーの新しい電動大型トラックは1度の充電で350キロを走る

  • 目黒虐待死に知事「何とかならなかったのか」東京都、児童相談所と警察の連携強化へ

  • ライブコマース「PinQul」が7人の投資家から2700万円調達、“接触数”を増やすべくメディア性の強化へ

  • 福田次官のセクハラ訴えたテレ朝女性社員 「全ての女性が働きやすい社会になってほしい」