1. TOP
  2. 未分類
  3. 「男性版モナリザ」が508億円 幻のダ・ヴィンチ作品が史上最高額で落札

「男性版モナリザ」が508億円 幻のダ・ヴィンチ作品が史上最高額で落札

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 189 Views

巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた幻のキリスト画「サルバトール・ムンディ」(救世主)が11月15日、アメリカ・ニューヨークの競売で、4億5031万2500ドル(約508億円)で落札された。競売会社クリスティーズは「美術品のオークションで落札された史上最高額となった」と発表した

「サルバトール・ムンディ」(救世主)

「サルバトール・ムンディ」はイエス・キリストの肖像画で、1500年ごろの作品とみられている。青いローブを身にまとったキリストが右手で天を指さし、左手に水晶玉を持っている構図で、モナリザの男性版と呼ばれることもある。

モナリザ

長い間、行方不明とされていたが、2011年にニューヨークで発見され、ロンドンのナショナルギャラリーでの展示が話題を呼んだ。

落札価格は当初、1億ドル(約112億円)前後と見られていたが、4倍に跳ね上がった。落札の様子はインターネットでも動画中継された。約20分に渡るオークションの最終入札額は4億ドル(約450億円)。手数料などが加算されて、冒頭の金額となった。

https://scdn.line-apps.com/stf/line-news/js/thirdparty/banner2.js
Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • プラスチックを噛むホッキョクグマが撮影される。海洋汚染が北極圏にも?

  • 本田圭佑が朝鮮学校をサプライズ訪問 「夢を諦めないこと」を訴える

  • アジカン後藤正文、ライブ会場で子ども用の防音ヘッドフォン貸し出しを宣言 耳を「守って」

  • 世界一多くのギネス記録を持つ男が挑んだ新たな記録とは…(動画)

関連記事

  • GoogleのAirPods対抗イヤホンはリアルタイム翻訳もこなす

  • 2歳の女の子が泣く。今、アメリカとメキシコの国境で親子が引き離されている

  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』を観るべき7つの理由(後編)

  • 美しい島々に隠されたハンセン病の歴史。

  • 平昌オリンピック、日本人出場の競技と放送予定(2月15日)

  • ごみ撤去費めぐる疑惑が次々噴出。今度は値引きありきの見積もり? 森友問題