1. TOP
  2. 未分類
  3. ディズニーの独自ストリーミングサービスで『スター・ウォーズ』の実写テレビシリーズを配信へ

ディズニーの独自ストリーミングサービスで『スター・ウォーズ』の実写テレビシリーズを配信へ

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 48 Views

Filed under: , , , ,

『スター・ウォーズ』をもっと満喫したい人に、ディズニーからの朗報だ。ライアン・ジョンソンが『スター・ウォーズ』の映画新三部作を手掛けるだけでなく、実写テレビ番組のシリーズも誕生するのだ。同シリーズは、ディズニーが計画する独自ストリーミングサービスの目玉の1つになるという。


同シリーズの企画は11月9日、ディズニーの投資家向け四半期決算説明会の場でロバート・アイガー会長兼CEOが発表した。ディズニーは、2019年末までに開始予定のストリーミングサービスの促進役として、自社のヒット作品を大いに当てにしているようだ。

もちろん、最大の企画は『スター・ウォーズ』の実写テレビシリーズで、この話はかなり前から進められていた。これまでのところ、『スター・ウォーズ』シリーズのテレビ番組としては、評価の高い『スター・ウォーズ 反乱者たち』と『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』というアニメ版しか作られたことがない。実写シリーズが従来の”スカイウォーカー・サーガ”に関連づけられるのか、それともジョンソン監督の新三部作のように銀河の新たな片隅を探検することになるのかは現在のところ不明だ。

ディズニーは今回、他に『ハイスクール・ミュージカル』(映画第4作がすでに製作中)やピクサーと組んだ『モンスターズ・インク』、マーベル作品をベースにした番組の企画についても明かしている。

マーベル作品のテレビシリーズは数多く存在し、放映・配信元も多岐にわたっている。例えば、ABC(ディズニー傘下)の『エージェント・オブ・シールド』、Netflixの『Marvel ザ・ディフェンダーズ』、FOXの『The Gifted』、FX(FOX傘下)の『レギオン』、Huluの『Runaways』(原題)などだ。フリーフォーム(ディズニー傘下)からの放映予定が白紙となった『New Warriors』(原題)については、マーベルは放映開始を2019年にまで延ばしたくはない考えだと報じられている。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

Permalink

Source: AOLニュース

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 韓国の文在寅氏と北朝鮮の金正恩氏が二度目の首脳会談を実施

  • 「日芸は皆さんを必ず守る」日大芸術学部の独自メッセージが話題

  • 危険タックル事件、被害届と平行し、日大選手の嘆願書も提出へ 負傷選手の父親が会見

  • エミリア・クラーク、溺愛してくる母親のイタズラに困惑

関連記事

  • 『銀河鉄道999』まさかの実写化。栗山千明がメーテルに変身「どうなるか未知数」

  • キタサンブラックってどんな馬? 北島三郎が惚れ込んだ澄んだ目のサラブレット

  • バブル崩壊が生んだ「ひとりゴルフ」の魅力。上司や取引先とコースを回る時代は終わった

  • Amazon Echoが年内に日本登場へ——スマートスピーカーの国内参入、続々と発表

  • 次年度PTA役員決めは年末から始まっている!? あなたも候補者に挙がっているかも……

  • 時価総額世界5位「テンセント」8位「アリババ」中国IT急成長の「秘密」–大西康之