1. TOP
  2. 未分類
  3. チャームクォークはエネルギッシュに入れ替わる

チャームクォークはエネルギッシュに入れ替わる

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 30 Views

最近、CERNの大型ハドロン衝突型加速器(LHC)のLHCbコラボレーションが、内部の2つのチャームクォーク間の結合エネルギーが大きいダブルチャームバリオンを発見したと報告した。

今回M KarlinerとJ Rosnerは、この強い結合エネルギーによって、クォークの再配置が可能になり、重水素とトリチウムの核融合反応に類似したクォークレベルの融合によってエネルギーが放出されると報告している。

彼らは、2つのボトムクォーク間の結合エネルギーはさらに大きく、こうした発熱を伴った再配置が生じて、非常に大きなエネルギーが放出される可能性もあると指摘している。

Nature551, 7678

原著論文:

Quark-level analogue of nuclear fusion with doubly heavy baryons

doi:10.1038/nature24289

【関連記事】

Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 『アルコール依存症』は否定。山口達也メンバー「肝臓を休ませるための入院だった」

  • 写真で22世紀と出会う時間。未来のかたちを、描いてみよう【イベント】

  • 30年の時を超えて「同性愛」を描く2つの映画『モーリス』『君の名前で僕を呼んで』が公開

  • 「アクセス遮断が進めば、中国と同じ状況になる」NTTコム提訴の中澤佑一弁護士が警鐘

関連記事

  • 老人・介護事業の倒産111件、2017過去最多

  • 女性蔑視のフランス語を考える展覧会って…何それ?

  • 【LAXIC学生編集部発】悩む女子大生がバリキャリの大先輩ワーママ・村木厚子さんに聞く「出産と育児、どの程度考えとくといいんだろう……」

  • 何コレ? 南スーダンに落下する無数のパラシュート。その意外な正体とは…

  • 「ネット中立性撤廃」「AT&T買収差し止め」トランプ政権が巻き起こすメディア激変の乱気流

  • 学校でのヘイトスピーチを規制 ソウルの学生人権条例が改正される