1. TOP
  2. 未分類
  3. イヴァンカ・トランプ氏、訪日終え日本の「温かいおもてなし」に感謝

イヴァンカ・トランプ氏、訪日終え日本の「温かいおもてなし」に感謝

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 58 Views

Filed under: , , , , ,

11月2日~4日までの3日間の日本訪問を終えた、米トランプ大統領の長女で大統領補佐官のイヴァンカ・トランプ氏。


11月3日の夜に大手町の「星のや東京ダイニング」で行われた安倍晋三首相との会食では、着物風のドレスを身にまとい、日本文化に敬意を表していた。イヴァンカ氏は、イタリア人デザイナー、ジョアンナ・オッティがあつらえた1,995ドル(約23万円)のドレス姿で登場。ピンクのアクセントや花模様があしらわれ、腰で黒のベルトをリボン結びしたデザインだ。普段のつややかなストレートのブロンドにウェーブをかけていたのは、多湿な日本の気候に合わせたためかもしれない。

着物のような雰囲気のこのひざ下丈ドレスには黒のピンヒールを合わせており、アクセサリーはほとんど着けていなかった。

イヴァンカ氏は会食時の写真をInstagramに多数投稿しており、10月30日に誕生日を迎えていたため安倍首相からブーケのサプライズがあったことも明かしている。

An unforgettable last night in Tokyo! Thank you Prime Minister Abe for the warm hospitality and the belated birthday wishes 🎂

Ivanka Trumpさん(@ivankatrump)がシェアした投稿 –

「昨日、東京での忘れられない夕べ! 安倍首相、温かいおもてなしと遅い誕生日お祝いをありがとうございます」

イヴァンカ氏は同日、女性の起業家としての活動や経済における女性の役割について国際女性会議WAW!(WAW! 2017)でスピーチを行い、世界はSTEM(科学、技術、工学、数学)の分野で女性やマイノリティーの参画を高める必要があると力説した。

「STEM分野における女性やマイノリティーの参画は、間違った方向に進んでいます。私たちは、この伝統的に男性優位の経済分野で対等な参画を実現させなければなりません」

もちろん、イヴァンカ氏はこのスピーチの際も申し分のない装いで、パールの飾りボタンが付いたピンク色のスーツに黒のローヒールパンプスを合わせていた。

イヴァンカ氏は4日に帰国し、以下のように今回の訪日を振り返った。

「日本の安倍首相や皆さんの温かいおもてなしに心を打たれました。ありがとうございます! またお会いしましょう」

■参照リンク
http://www.aol.com/

Permalink

Source: AOLニュース

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • "ソウルの女王"アレサ・フランクリンが危篤「長いこと調子の悪い状態が続いていた」

  • 地域医療構想と機能分化から、世界で勝負できる病院を

  • 病院総合医とキャリアパス―マネジメント人材の育成につながるか

  • 環境部が主導する新しい大韓民国

関連記事

  • GoogleのBristleconeプロセッサーは同社を量子超越性へ一歩近づけた

  • 「被害者を守り抜く」には?メディア業界のセクハラを無くすために

  • 「子どもたちを守りたい」「心に性器は付いていない」埼玉・東松山市長選に挑んだ"女性装"の東大教授に密着

  • この新しい素材オーセチックスはエネルギーを抱き込んで自分の中に保存する

  • 生理痛は「あって当たり前」ではないんです!

  • 「具体性なく中身ない」「日本の安全保障にも影響」トランプ大統領が自画自賛する米朝首脳会談に、研究者からも厳しい意見