1. TOP
  2. 未分類
  3. 14歳のロシア人モデルが過労死 中国・上海のファッションウィークで13時間働き続け意識失う

14歳のロシア人モデルが過労死 中国・上海のファッションウィークで13時間働き続け意識失う

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 55 Views

14歳のロシア人モデル、ヴラダ・ジューバが10月20日、中国の上海でファッションウィークで13時間働き続けた結果、意識を失い2日後に病院で死亡した。

teen VOGUE」によると、モデルは中国で3カ月間の契約で雇用されていた。週に3時間の労働時間での契約だったが、実際は長時間働かされていたという。

死因は、過度の疲労と髄膜炎とみられている。ヴラダはファッションショーに出演後、発熱して意識を失った。警察は現在、彼女の死因を調査している。

「こんな結果になるとは、誰も予想していなかった」と、ヴラダの所属するモデルエージェンシー「ペルメス」のエルヴィラ・ザイツワはデイリー・メールに語った。

「娘は『ママ、私本当に疲れてる。すごく眠りたい』と私に電話していました。きっと病気を発症していたのでしょう」とヴラダの母親のオクサナはNTVに語った。「娘の熱が上がって、私は寝ずに、絶えず電話して、病院に行くように伝えました」。ヴラダは病院に行くのを怖がり、医療保険も入っていなかったという。

ガーディアンによると、ニューヨーク州では2013年、18歳未満のモデルの働きすぎを防ぐため、ニューヨークの夜中に働くことができない州法を制定。アメリカのファッションデザイナー評議会は、デザイナーが16歳未満のモデルを採用し、18歳未満のモデルを深夜12時過ぎに働かせることを禁止している。

Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【動画】海洋ゴミから作られたクジラは訴える。人類にプラスチックの使い方を再考して欲しいと

  • 女子生徒36人が溺死した水難事件。橋北中学校の生還者が見た「モンペ姿の女」は幻だったのか?

  • 「世界一醜い犬コンテスト」で優勝したブルドッグが亡くなり、飼い主がコメント「美しい顔を見た瞬間、永遠の家族になると直感」

  • えっ、もう見れるの? Amazonプライム・ビデオで配信中の2018年大ヒット映画を一挙紹介。『シェイプ・オブ・ウォーター』から『ブラックパンサー』まで

関連記事

  • USJが9年連続の値上げへ ディズニーとの“値上げ競争”の歴史を振り返ってみた。

  • InstagramからコンテンツをDLできるようになる――ポータビリティー、一歩前進

  • Webが人間性を取り戻すとき、これまでのWebサイトとeコマースはすべて死ぬ

  • ヘンリー王子とメーガン・マークル、初めての公務はとってもフレンドリー♡

  • カーリング女子の「おやつタイム」が話題 バナナ、チョコをほお張ってきた彼女たちが次に食べるものとは?

  • Facebookの全身トラッキングの研究からはAR/VRへの大きな意欲が感じられる