1. TOP
  2. 未分類
  3. 希望の党が「いま」すべきこと

希望の党が「いま」すべきこと

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 46 Views

​​​​​​​

それは「政策的な立ち位置の整理」です。

27日に総選挙後初の両院議員懇談会、総会が行われました。私がその場で強く主張したことは「政策的立ち位置の整理」の必要性です。

多くのメディアでも、色んな人がそれぞれ話されるので、私自身も毎日テレビを見ながら何を信じたら良いのか混乱していたと言うのが正直なところです。

しかし、実際に民進党と希望の党の実質合流において、交わした政策合意は、一枚の政策協定書のみなのです(添付の通り)。

これが、いわゆる「踏み絵」です。

私達が選挙に勝ちたい為にころりと政治信条を変えたと言われていますが、憲法については「憲法改正を支持」、安全保障については「安保法制は憲法に則り運用、不断の見直し」だけです。

「安保法制の容認」や「9条の改正支持」ではありません。

だからこそ前原代表提案の、民進党公認を全て取り消し、全候補を希望の党に公認申請する、安倍政権のやりたい放題を止めよう、2大政党をつくる事に賭けてみよう、そう皆で決心できたのです。

しかし、いまや総選挙に惨敗し少数政党となった希望の党は、核となる政策の方向性を示せなければ、国民から党自体の存在意義を疑われかねません。

憲法改正一つとってみても、希望の党の共通項は「憲法改正の支持」のみであり、私のような9条改正は不要という考えのものから、9条改正の必要性を強く信じる議員まで各々の考え方を主張せざるを得ない状態となっています。

このような状態を放置することは、ただでさえ傷ついた党勢を一層落とすものになっています。

私は、直ちに全員でこれを前向きに議論する中で一定の方向性整えるべきだと考えています。

(2017年10月29日「寺田学のオフィシャルウェブサイト」より転載)

Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ワールドカップ決勝に乱入したプッシー・ライオットとは? 「黒幕」のインタビューから迫る

  • フランスが2度目のワールドカップ頂点 スーパーゴール連発でクロアチアに勝利

  • ビーチ・チェアと死んだウミガメ 覚えておきたい1枚の写真

  • ワールドカップ予想、AIとデータを超えた松木 クロアチア躍進を的中?

関連記事

  • 米国の貧しい子供たちによるクリスマスのお願いが切ないと話題に

  • iPhone 5cの16GBモデルを修理に出すと32GBに交換してもらえる?

  • ピカチュウが現実の物体の影に隠れるようになる――Niantic、新テクノロジーと開発中のゲームをデモ

  • 制作費150万円! 監督・脚本初体験の俳優2人が2時間の長編映画を制作 「足りない二人」、真冬の北海道で1カ月間のロケも

  • 霞む「今日の台湾は、明日の香港」という願い–野嶋剛

  • 森友文書、昭恵夫人の名前も削除 財務省が書き換え認める。