1. TOP
  2. 未分類
  3. 今年のハロウィンのトレンドはオースティン・パワーズのマスク!?

今年のハロウィンのトレンドはオースティン・パワーズのマスク!?

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 74 Views

Filed under: , , , , , , ,

エドガー・ライト監督の映画『ベイビー・ドライバー』は、ハロウィンのホラーマスクを選ぶ時に役立つ良いアイデアを提供してくれているようだ。


『The Hollywood Reporter』(THR)によると、このアクション映画のおかげで、『オースティン・パワーズ』のマスクが全米各地のハロウィン用品店で売り切れ状態で、アマゾンやeBayなどのネットショッピングでも入手困難だという。映画の中で、銀行強盗(ラニー・ジューン)が自分と共犯者(ジェイミー・フォックスとフリー)用にマスクを買ってきたのだが、映画『ハロウィン』の殺人鬼ブギーマンことマイケル・マイヤーズのマスクを買ってくるところを、コメディアンのマイク・マイヤーズだと勘違いしてしまい、結果的にオースティン・パワーズになってしまったという映画ファンにはたまらないシーンがあるのだ。

THRとのインタビューで、ライト監督は『オースティン・パワーズ』を製作したワーナーブラザースに、今年のハロウィンでは『ベイビー・ドライバー』のおかげでオースティンのマスクがバカ売れすると念を押した事を打ち明けている。

マスクが飛ぶように売れていることについて「我ながら鼻が高い」という監督。「自分のキャリアの中で、ハロウィン用コスチュームのとても簡単なアイデアを世の中に提案したんだからね。『ショーン・オフ・ザ・デッド』のショーンみたいだ」

マイク・マイヤーズもTHRの取材に応じ、自らの人気再燃が大変うれしいと冗談交じりに語った。

マイヤーズは、「殺人鬼を演じた『ハロウィン』(もちろんこれはジョーク)、そして『オースティン・パワーズ』での演技、どっちも本当に自慢できるよ」とコメントした。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

Permalink

Source: AOLニュース

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • "ソウルの女王"アレサ・フランクリンが危篤「長いこと調子の悪い状態が続いていた」

  • 地域医療構想と機能分化から、世界で勝負できる病院を

  • 病院総合医とキャリアパス―マネジメント人材の育成につながるか

  • 環境部が主導する新しい大韓民国

関連記事

  • 新興国株式投資は分散が重要?~2017年8月の投信動向:研究員の眼

  • 即査定・現金化できる買取アプリ「CASH」の最低買取金額が1000円にアップ

  • スマホの“次”をにらみ、AIアシスタント「Clova」にかける思いをLINE舛田氏に聞く

  • パラグアイ戦の逆転勝利、西野監督の“珍アドバイス”が効いた?

  • スモークハラスメント対策を求めた女性の解雇撤回。日本青年会議所が解決金440万円

  • YOSHIKIが『芸能人格付け』で発した5000円ワインへのコメントがすごい 「誰も傷つけない話し方が素敵」と称賛の声