1. TOP
  2. 未分類
  3. Facebookの“広告透明性機能”は来月発効、政治広告出稿者の説明責任を重視

Facebookの“広告透明性機能”は来月発効、政治広告出稿者の説明責任を重視

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 47 Views

ロシアが昨年の大統領選に影響を及ぼすべく、Facebookの広告を使った、という懸念に応えて同社は、広告の透明性を増進して、広告の出元を誰が見ても分かるようにする、と発表した。

今日(米国時間10/27)同社はその計画の具体的な詳細を明らかにし、その新しい透明性機能は来月から動き出す、と述べた。それ以後はFacebook Pageに“View Ads”(広告を見る)というボタンが登場し、それをクリックすると今Page上にあるすべての広告が一覧される(下図)。

Facebookによると、近くそのテストをカナダで開始する。アメリカの場合は、国の選挙に関する広告のアーカイブも含まれ、それは向こう4年ごとに更新される。また広告費の累計と平均、各広告が受け取ったインプレッション数、広告のターゲットの層特性、などの情報も開示される。

さらに、政治広告は出稿者の身元確認、住所、選挙関連であることの明記、などを必要とする。またそれらの広告には、“paid by”(誰が広告費を出しているか)のリンクがあって、その詳細情報を見れる。また機械学習のツールを使って、身元を明かしていない政治広告の出稿者を見つける。

これらの機能が、多くのFacebookユーザーの利益になるだろうか? それはないと思うが、でも広告担当のVP Rob Goldmanはこう言っている: “透明性はみんなを助ける。とくに政治の監視グループや記者などの役に立つ。広告主たちに説明責任を持たせることによって、どこの誰が何のためにこんな主張を(広告で)しているのか、分かるようになる”。

この同じ時期に議会は、ネット広告に対する規制を超党派で法制化しようとしている。そして少し前にはTwitterが、これと同じような透明性対策を発表した。

Facebook View Ads

[原文へ] (翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

Anthony Ha

この人が書いた記事  記事一覧

  • モバイルのプライバシーで頑張るKeepsafeが守秘機能を強調したブラウザーをリリース

  • 安全な広告表示にAIを用いて積極的に取り組むCheqが500万ドルを調達

  • ニュースソースの信頼度をランク付けするNuzzelRank、本誌TechCrunchは総合4位だった!

  • Comcast、Fox買収に650億ドル正式提示――連邦地裁決定を受け、Disneyと競り合いへ

関連記事

  • 仮想通貨ビジネスの自主規制へ向け、金融庁登録16社が新団体を設立へ

  • ソフトバンク、滴滴らUberに大型投資へ――会社評価額は700億ドル前後

  • AIロボット「ソフィア」が国連会議に出席、流暢に質問に答える。

  • ママホッケー選手、試合の合間に授乳する姿を隠さなかった「授乳は美しくて、いつでもどこでもできる」

  • 人事労務クラウドのSmartHRに元グリーCFOの青柳氏が株主として参画、アドバイザーにFond CEOの福山氏も

  • アプリストアのデベロッパー虐待でフランスがAppleとGoogleを提訴へ