1. TOP
  2. 未分類
  3. 米国におけるiPhoneアプリケーション売上、2020年には年間88ドルに達する見込み

米国におけるiPhoneアプリケーション売上、2020年には年間88ドルに達する見込み

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 54 Views

Sensor Towerが今週公開した予測によれば、2020年までにアメリカのiPhone利用者は、年間で88ドル分のアプリケーションを購入するようになる(アプリケーション内購入を含む)そうだ。アプリケーション購入およびアプリケーション内購入にかける金額は毎年増え続けているのだとのこと。今年は平均で63ドルの支出が行われるとみられ、これは2016年比で33%増となる。そして2019年には、2016年比で86%の伸びが期待されているのだ。

Sensor Towerの予測通りとなれば、来年にはアメリカ国内におけるアクティブデバイス毎の購入額は77ドルとなり、そして2020年に88ドルになる予定だ。

多くの人が予想するであろう通り、売上の多くはゲームによってもたらされる。

売上の大部分(70%ほど)をゲーム関連が占める。すなわち88ドルのうち60ドルほどは、ゲーム関連の売上となる見込みであるわけだ。

もちろんゲーム以外にも売上額が伸びるものはある。

成長していくと考えられているのは、エンターテインメント系および音楽だ。HBO NOWやNetflixなどのネット配信やストリーミングが増加するにつれ、今年はエンターテインメントカテゴリーが音楽カテゴリーを上回って、2番目の売上規模を示すようにもなるとみられている。

そして2019年におけるエンターテインメントカテゴリーは、総売上の9%、すなわち少なくとも1台あたり8ドルの売上をあげるようになるだろうとのこと。これは2016年比で2.80ドルの増加となる。

少し前にリリースされた、App Annieのレポートもやはり売上額の増加を予測していた。

App Annieの方のレポートによれば、前四半期におけるアプリケーションの販売額およびダウンロード数は記録的な規模であり、右肩上がりであるとしていた。App Annieの方は、新興国の急成長に注目していた。しかしSensor Towerのレポートを見ると、売上額の増加はアメリカ国内においてもみられる傾向であるようだ。

image credits: Sensor Tower

原文へ

(翻訳:Maeda, H

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

Sarah Perez

この人が書いた記事  記事一覧

  • AmazonのPart Finder機能はネジなどの正しいパーツを画像認識で見つけてくれる

  • Facebook、Instagramの連絡先をMessengerと同期可能に

  • Prime Dayの影響でアメリカのeコマース全体のセールスが54%アップ

  • Amazon、本日深夜までプライムデー開催中――Echoなど独自デバイス大バーゲン

関連記事

  • レオナルド・ディカプリオ、マンソン事件を題材にした新作でクエンティン・タランティーノと再びタッグ!

  • 殺害された女性ジャーナリストの取材を15カ国18メディア45人が受け継ぐ

  • ジェニファー・ローレンス、「冬なのに露出しすぎ」との批判に「ものすごく気分を害した」

  • AIが動画を自動生成してリコメンド――おでかけ動画メディア「ルトロン」が進化した

  • 人間に教わらなくても自力で未来を予見でき、正しく行動できるロボットをカ大が研究中

  • ダニエル・ラドクリフ、賛否を呼ぶ『ファンタスティック・ビースト』シリーズへのジョニー・デップ出演についてコメント