1. TOP
  2. 未分類
  3. 米国におけるiPhoneアプリケーション売上、2020年には年間88ドルに達する見込み

米国におけるiPhoneアプリケーション売上、2020年には年間88ドルに達する見込み

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 30 Views

Sensor Towerが今週公開した予測によれば、2020年までにアメリカのiPhone利用者は、年間で88ドル分のアプリケーションを購入するようになる(アプリケーション内購入を含む)そうだ。アプリケーション購入およびアプリケーション内購入にかける金額は毎年増え続けているのだとのこと。今年は平均で63ドルの支出が行われるとみられ、これは2016年比で33%増となる。そして2019年には、2016年比で86%の伸びが期待されているのだ。

Sensor Towerの予測通りとなれば、来年にはアメリカ国内におけるアクティブデバイス毎の購入額は77ドルとなり、そして2020年に88ドルになる予定だ。

多くの人が予想するであろう通り、売上の多くはゲームによってもたらされる。

売上の大部分(70%ほど)をゲーム関連が占める。すなわち88ドルのうち60ドルほどは、ゲーム関連の売上となる見込みであるわけだ。

もちろんゲーム以外にも売上額が伸びるものはある。

成長していくと考えられているのは、エンターテインメント系および音楽だ。HBO NOWやNetflixなどのネット配信やストリーミングが増加するにつれ、今年はエンターテインメントカテゴリーが音楽カテゴリーを上回って、2番目の売上規模を示すようにもなるとみられている。

そして2019年におけるエンターテインメントカテゴリーは、総売上の9%、すなわち少なくとも1台あたり8ドルの売上をあげるようになるだろうとのこと。これは2016年比で2.80ドルの増加となる。

少し前にリリースされた、App Annieのレポートもやはり売上額の増加を予測していた。

App Annieの方のレポートによれば、前四半期におけるアプリケーションの販売額およびダウンロード数は記録的な規模であり、右肩上がりであるとしていた。App Annieの方は、新興国の急成長に注目していた。しかしSensor Towerのレポートを見ると、売上額の増加はアメリカ国内においてもみられる傾向であるようだ。

image credits: Sensor Tower

原文へ

(翻訳:Maeda, H

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

Sarah Perez

この人が書いた記事  記事一覧

  • Walmartが全米の何百もの店舗で、その場精算を行う’Check Out With Me’を開始

  • Alexa Blueprintsで誰でもカスタムAlexaスキルが作れる

  • Facebook、設定とプライバシーのメニューをアップデート――ナビゲーションしやすくなった

  • Amazonのプライム・ワードローブの正式スタート間近――ファッション版プライム・ショッピング

関連記事

  • 松本人志、Twitter投稿を釈明。三浦瑠麗氏のスリーパーセル発言の擁護ではないと

  • あびる優のインスタ自撮り、評価分かれる。「肌ツヤツヤ」それとも「痩せすぎ」?

  • 子供を産んで時短勤務になった私。それでも2倍の成果をあげられたワケ

  • カリフォルニア山火事、凄まじさが一目瞭然の写真が提供される

  • 2018春季生活闘争がスタート!

  • 冬将軍襲来 10日、太平洋側でも積雪