1. TOP
  2. 未分類
  3. AdobeのProject Lincolnはユーザーにデザインの自由度を与えるデータ視覚化ツール

AdobeのProject Lincolnはユーザーにデザインの自由度を与えるデータ視覚化ツール

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 261 Views

Adobeは毎年のMAXカンファレンスで、製品化がまだ決まってないようなプロダクトのおもしろいプロトタイプを二つほど見せる。今年もその例外ではなく、今日(米国時間10/19)は同社研究開発部門の11のプロジェクトが紹介された。その中のProject Lincolnは、データの視覚化をやったことのある人なら誰もが大歓迎しそうなツールだ。

その考え方はこうだ: これから、簡単な棒グラフを描きたい、としよう。すると、まず棒を描き、そのコピーを何度も作ってスプレッドシートのカラムに貼り付ける。それで視覚化完了だ。さらにもっとデータを加えて、別のタイプのグラフや色を変えてもよい。線グラフや円グラフ、バブルチャートなど、思いつくかぎりのものを描いていく。なにしろ、長さや径や色のあるものなら、何でも視覚化に利用できる。

よくあるやり方としては、まずデータを作成して、それから、それらの視覚化をやり始めるだろう。Project Lincolnでは、まず視覚化の方法を決めて、それからそこに、データを作りながら入れていく。棒の長さなどは自動的に決まる。

Adobeによると、今ある既存のツールはどれも、複雑過ぎたり制約が多すぎる。とくに、自分の創造力を生かせないデザイナーには、評判が悪い。そして視覚化をカスタム化するためには、Illustratorのようなツールを作って自分で作図したり、あるいはプログラミングのやり方を勉強しなければならない。

あなた自身も含め、もっと自由度のある簡易なデータ視覚化ツールを求めていた先輩や同僚をご存知なら、このプロジェクトを教えてあげよう。きっと、大喜びするだろう。

[原文へ] (翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

Frederic Lardinois

この人が書いた記事  記事一覧

  • BMWはなぜ一貫した顧客体験を追求するのか

  • Datadogが立ち上げたWatchdogは機械学習でクラウドアプリケーションの健康をチェックし続ける

  • Microsoftが全国全世界に複数の事業所のある企業向けにAzureをハブとする仮想WANサービスを提供

  • GitHub Enterpriseと〜Business Cloudのユーザーがオープンソースのリポジトリにアクセスできる

関連記事

  • 叶姉妹・恭子さんがワンダーウーマンのコスプレ披露 完成度高すぎる

  • ウィル・スミスが、実写版『アラジン』共演者との自撮り写真を投稿

  • ポーランド紀行(その2)-「負の世界遺産」“アウシュヴィッツ絶滅収容所”:研究員の眼

  • アイデアとテクノロジーで既存市場を塗り替えるベンチャー:研究員の眼

  • 東海道新幹線で人刺される 「血だらけの人がいる」と報告も。男の身柄確保

  • EasyEmailはGメールのためのオートコンプリート