1. TOP
  2. 未分類
  3. 学校にまったく行けないわけではないけど気になることがある。そんなお子さんがちょっと心配な保護者へ

学校にまったく行けないわけではないけど気になることがある。そんなお子さんがちょっと心配な保護者へ

未分類
この記事は約 4 分で読めます。 91 Views

学校にまったく行けないわけでない。たまにお休みすることが増えている気がする。学校の話をあまりすることがなくなった気がする。少し様子が変わったように思えるが、心配するほどのものか判断が難しい。

育て上げネットの保護者支援事業、母親の会「結」に寄せられるご相談で、子どものことが”ちょっと気になる”のだけれど、大ごとにもなってなく、かといってこのままでいいのかどうかわからない。

現象面としてはそこまで「これ!」ということはないが、何かあったらと思うと、漠然とした不安が残る。

私も、6歳、4歳、2歳の双子の四人男児の父親ですが、病気や怪我のようにわかりやすく顕在化していたり、保育園の先生方が気になる点を直接伝えてくださる、とういうときはやるべきことをやるで決まります。

しかし、なんとなく様子がどうかなというとき、変に気にして子どもに影響があるのも嫌ですし、保育園などに相談して何でもないことを大げさに騒ぐようになるのもどうかなと感じる。

そんな漠然とした不安というか、もやっとしたとき、一人でぼんやり考えたり、夫婦で気にして話をしたまま、なんとなく放置となってしまうことがあります。きっと保育園児から高校生くらい、もしかしたら専門学校や大学生であっても、子どもを一番近くで見ている親から”ちょっと気になる”というのはあるのではなでしょうか。

そんな相談するにもそこまでだろうか。いや、ちょっとだけどうしたらいいかを知り、相談も念のためしておきたい、といったニーズに応えるべく、セミナーを実施します!

Adobe Foundationさまのご支援により、無料での開催が可能となりました。定員は30名で、先着10名の希望者でその場で簡単なご相談の場を設けます(希望者多数は後日相談の場を作ります)。

ちょっと気になる、を心に留めておかないよう、ぜひ、ご参加ください!

子どもが学校に行きたがらない。

もしかしてうちの子、友達が少ないのかな…? 馴染めていないのかな?

だんだんと登校したがらなくなり休みがちに。登校する日も遅刻しがちで元気がない。イライラしている。

そんなプチ不登校のお子さんを持つお父さん、お母さんへ。

認定NPO法人育て上げネットでは、そんなわが子に父親・母親としてできることを知ってもらうためのセミナーを実施します。

子どもたちを取り巻く「今」の情報。そして、子どもたちと向き合ってきた経験をもとに「向き合い方」お伝えします。

【お申込み】お申し込みはこちらから(先着順)

実施内容

①「子ども・若者を取り巻く社会状況」

13年間、若者支援を行ってきた育て上げネットが「今の子ども」の環境や置かれている状況についてデータを用いてご説明します。学校教育、就職事情までを含めた情報をご提供します。

②お父さん・お母さんができること

日々、子どもたちと触れ合い「不登校」についても精通する支援者をお呼びしてのパネルディスカッションです。不登校のきっかけはいったいどこにあるのか。親だからできることについてお伝えします。

(9月9日に行われたセミナーの様子はこちら

③無料相談会

希望される方には母親の会「結」で相談をお受けしているスタッフがお話をお聞きします。

※当日10名まで、希望者数が超過した場合は別日にてお受けいたします。

登壇者

嶋村 仁志 氏

一般社団法人 TOKYOPLAY代表

ひきた よしあき 氏

株式会社博報堂クリエイティブプロデューサー/朝日新聞こども新聞コラムニスト/スピーチライター/@Twitter

その他、育て上げネットの保護者支援事業、母親の会「結」の相談スタッフが登壇します。

実施詳細

日程:11月11日 14:00~15:35

場所:渋谷ヒカリエHIKARIEカンファレンスROOM C

対象:小学生・中学生のお子さんを持つ保護者の方

※無料相談会はセミナー終了後の実施となります。(16:40まで) 希望者が多い場合、別日でのご予約を承ります。

【お申込み】お申し込みはこちらから(先着順)

※本企画はAdobe Foundationによって開催しています。

Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 2大ヒーローのイカした競演。甑島列島のイカ干し機を見ていると、胸が熱くなる(動画)

  • 序盤・中盤・終盤、隙のない豊島八段が羽生竜王を破り「棋聖」に。平成生まれ3人目のタイトルホルダー

  • 妊娠後期〜育児にFire TV Stickが大活躍した話:ワーママのガジェット育児日記

  • アディダス「再生プラスチックだけを使う」と表明 2024年まで目標

関連記事

  • LINEで「ハロウィン」と送信すると… 仮装キャラ登場でテンション上がる

  • 大晦日の炊き出し現場、そして「明日を生きてもいいですか」デモ。

  • サウジのアルワリード王子ら汚職容疑で逮捕――テクノロジー・ビジネスに衝撃

  • 自民・和田氏「変な答弁、政権おとしめる意図?」 財務省・太田氏「いくら何でも」声荒げ3連発

  • 無限に拍手し続けるロボットBigClapperは店頭客寄せに最適だ

  • 繁殖しすぎたネコ53匹、部屋に放置 深刻化するペットの「多頭飼育崩壊」とは