1. TOP
  2. 未分類
  3. Facebook、歪んだ360度写真の修正機能を提供へ

Facebook、歪んだ360度写真の修正機能を提供へ

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 41 Views

今日(米国時間8/31)カリフォルニア州サンノゼで行われたFacebook主催のカンファレンス、Scaleの席上、同社のコンピューターフォトグラフィーチームは、ユーザーが撮影した360度写真をきれいに修正する研究プロジェクトが完了したことを報告した。チームは多層ニューラルネットワークを用いて360度写真の歪みを認識し、修正してリアルさを再現する。

スマートフォンの水平ツールを使って画像を修正したことがある人もいるだろう。しかし、プロジェクトの一員である研究者のMatt Uyttendaeleは、従来のコンピュータービジョン研究では、この問題を解決するために消失点(平行線が交差するように見える点)を利用して直線を判別していた。

しかしそのアプローチは必ずしも一般的ではない。なぜなら、多くの写真には基準となるべき平行線が十分にないからだ。そこでUyttendaeleのチームは、AlexNetというニューラルネットワークに、回転させた画像の傾き(ロールとティルト)の値を学習させた。結果的にこのデータを十分揃えることがプロジェクト全体で最大のチャレンジだった。

チームは50万枚の画像を集めると、それを人工的に回転させた。こうして360度画像修正のモデルを作るためのデータが揃った。新機能はまだ公開されていないが、修正機能のユーザーへの見せ方を決め、テストが完了すれば数か月後には提供される見込みだ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

Sarah Buhr

この人が書いた記事  記事一覧

  • 駆け足で振り返るDropboxの歴史

  • Amazonが数百名をレイオフ、人減らしというより過剰部門の調整のよう

  • DNA利用のナノボットがガン細胞攻撃に成功――折紙方式で畳まれ、標的で抗がん剤を放出

  • Cardiogramの研究によれば、Apple Watchは糖尿病を85%の精度で検出可能

関連記事

  • Terminalは海外オフィスを開きたい会社の負担を軽くする

  • 美味しい料理を楽しみながら、"自由"になる時間。「多様な性」について語り合おう【イベント】

  • インディアンス、ロゴの使用を中止へ 先住民への人種差別との抗議を受け 米メジャーリーグ

  • 橋下氏、足立議員の朝日新聞批判Tweetに言及「僕もガンガン喧嘩したけど、"死ね"はダメ」

  • 【夏休みの思い出】ロケット花火1000個を自転車につけて着火、爆走するアホが登場!

  • 水浸しのストーブと車のない生活。そこから得られる見返りは・・・