1. TOP
  2. 未分類
  3. 秘密主義のMR/AR企業Magic LeapがシリーズDで5億200万ドルを調達

秘密主義のMR/AR企業Magic LeapがシリーズDで5億200万ドルを調達

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 57 Views

複合現実と拡張現実のスタートアップMagic Leapは、本日(米国時間10月17日)シリーズDで5億200万ドルを調達したことを公表した。このラウンドはTemasekによって主導され、EDBI、Grupo Globo、Janus Henderson、Alibaba Group、Fidelity Managementなどが参加している。ちょうど先週デラウェア州の記録によってMagic Leapの調達は最大10億ドル分に達することが判明していた。

「私たちはTemasekとその他の新しい投資家の皆さんを、Magic Leapファミリーにお迎えすることができて感激しています」と、Magic Leapの創業者で社長であるRony Abovitzはリリースの中で語っている。「私たちはまた、既存の株主の皆さまからの、強力なサポートとパートナーシップに対しても感謝しています」。

Magic Leapが何をしているのかは、いまだに完全には判明していない。しかし同社が、現在行っているもののために、既に莫大な資金(19億ドル以上)を調達したことは確かである。これまでのところ、私たちが知っているのは、同社が”Magic Leap One”という名前のデバイスを発売するだろうということである。そして先月にはBloombergが、Magic Leapが次の6ヶ月程の間にデバイスを「少数のユーザーグループ」に対して出荷するかもしれないと報じている。

先週Equityポッドキャストのキャスターが、Magic Leapの野望について語った内容は、以下のリンクから聞くことができる。

原文へ
(翻訳:sako)

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

ardbeg1958

この人が書いた記事  記事一覧

  • Airtableが非技術者のためのツールで複雑なソフトウェアを開発できるようにするために5200万ドルを調達

  • Magic LeapがARヘッドセットMagic Leap One ‘Creator Edition’をお披露目、出荷は2018年の予定

  • イーロン・マスクは彼の個人所有のTesla車を火星の軌道にのせる

  • Amazonが基本的なIoT機器のためのリアルタイムOS(Amazon FreeRTOS)を発表

関連記事

  • 5月はメイストームに注意ーー広範囲に強風も

  • 女性の人生を「殺して」きたセクハラと日本はどう向き合っていくべきか。「ニューヨークの女王」が語る #MeToo ムーブメント

  • ジョージ王子が5歳になったよ。記念写真で“天使”の笑顔「エリザベス女王に似ている」

  • 【地震情報】福島で震度5弱 東北・関東の広い範囲で揺れ観測

  • 「トランプ」がBREXITにつながった:暴かれたロシアの「スパイ大作戦」–春名幹男

  • 【台風21号】本州接近・上陸早まる 月曜朝は交通機関に影響も