1. TOP
  2. 未分類
  3. カリフォルニア山火事 女子大生は30キロの愛犬をぶら下げて自転車で走った

カリフォルニア山火事 女子大生は30キロの愛犬をぶら下げて自転車で走った

未分類
この記事は約 4 分で読めます。 44 Views

予期せぬ事態で避難しなければいけない時、持って逃げるのは人生で一番大切なもの。

山火事の被害にあった、カリフォルニア州北部の街サンタ・ローザに住むナターシャ・ウォレスさんの場合、それは迷うことなく愛犬のベントレーだった。

ウォレスさんは、サンタ・ローザ・ジュニアカレッジに通う大学生。地元のテレビ局KTXLによると、街が火事に襲われた10月8日の夜、ウォレスさんは遅くまで外で宿題をしていた。

自宅に戻ったのは深夜を過ぎた午前2時頃。その時、高速道路の方向から火の手が迫っていることに気が付いた。

「火事だ、逃げなければ!」と思ったウォレスさん。自宅に戻ると愛犬の4歳のピット・ブル、ベントレーを自分の車に押し込んだ。

「大切な犬を置いていくなんて、考えられません。文字通り、犬を連れていくか死ぬかの選択です」とウォレスさんはKTXLのインタビューで話している。

(function(d, s, id) { var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = “//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.10”; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, ‘script’, ‘facebook-jssdk’));

“So I grabbed my dog and I told him, ‘Hey man this is serious, you need to just sit in the bag.’ And he, he hopped right in.”

FOX40さんの投稿 2017年10月13日(金)

ウォレスさんとベントレー

ところが数分後に、渋滞で車は動けなくなってしまった。

このままでは火に追いつかれてしまうと思ったウォレスさんは、自転車で逃げようと自宅に戻った。しかし、自転車に重さ70ポンド(約31キログラム)のベントレーを乗せて逃げるのは至難の業だ。

そこで、ウォレスさんが思いついたのは大きなバッグを使うアイディア。自宅からバッグをつかんでくるとベントレーにこう伝えた。

「いい子だからよく聞いて。火事でマジでやばい。お願いだからバッグに入ってじっとしていて」。その言葉に、ベントレーはバッグに飛び込んだという。

<火事について語るウォレスさん(英語)>

ウォレスさんは、子供くらいの重さがある犬を入れたバッグを首にかけて、必死に自転車をこいだ。

しばらく走って渋滞から抜けたところで、車を運転していたポール・ジョンソンさんという男性が、ウォレスさんとベントレーを車に乗せて一緒に避難してくれたという。

ウォレスさんの住んでいた地域は全焼し、火事の後は何ひとつ残らなかった。しかしウォレスさんは命が助かって、とても幸運だったと話している。

ウォレスさんの部屋があった場所。

ウォレスさんは新しい家を探しているが、犬と一緒に住むことができる場所をみつけるのは難しい。

そこで、クラウドファンディングサイト「Go Fund Me」で、助けを求めている。同サイトに、彼女はこう綴る。

「大きな犬と一緒に住める場所をみつけるのはお金がかかります。だけどそれは最優先事項です。あとは下着やサッカースパイクも必要です」

「今は文字通り、どんなものでも助かります。手を差し伸べて下さったみなさん、本当にありがとうございます」

寄付は現在までに、目標額の半分を超える1万6240ドルが集まっている。

GoFundMeのページ

ウォレスさんの家を焼いたカリフォルニア北部の山火事は、同地域に甚大な被害を与えている。ウォレスさんの住んでいた地域も、少なくとも3000軒の家が焼失した。

また、CNNによると、これまでに少なくとも40人が亡くなり、2000人の所在が不明になっている。


Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • イーロン・マスク氏の偽物に注意。「お詫びに40億円分の仮想通貨をプレゼント」のサイトに誘導

  • 岐阜県多治見・美濃で40℃到達 5年ぶりに記録

  • 可愛すぎる「容疑者」を逮捕。警察が発表した顔写真に全米がホッコリ

  • 可愛すぎる容疑者を逮捕。警察が発表した顔写真に全米がホッコリ

関連記事

  • ダイソンが電気自動車を開発中、2020年発売を目指す

  • 有安杏果の卒業に百田夏菜子「1時間半、何も喋れませんでした」ももクロメンバーが生出演で心境を告白

  • 多彩な小型ロボットが活躍する超高齢社会(その3)-「分身ロボット」を介して人とコミュニケーションする:研究員の眼

  • 年に何度もない大雨、19〜20日にかけて 近畿地方は南部を中心に雨量が多くなる

  • スカーレット・ヨハンソンがブラック・ウィドウの映画化の噂に言及「おそらく非常に特別な作品になる」

  • 人間に教わらなくても自力で未来を予見でき、正しく行動できるロボットをカ大が研究中