1. TOP
  2. 未分類
  3. <初来日>盲目の人権活動家・陳光誠講演会「不屈力」 10月21日(土)から全国8カ所で開催! 

<初来日>盲目の人権活動家・陳光誠講演会「不屈力」 10月21日(土)から全国8カ所で開催! 

未分類
この記事は約 7 分で読めます。 29 Views

© Amnesty International

5年前、ある人権活動家の亡命が世界の注目を集めました。
中国で”はだしの弁護士※”として名を馳せていた陳光誠さんです。

幼い頃に病気で視力を失い、目が見えないことで差別を経験した彼は、独学で学んだ法律を武器に、障がい者や女性、地方で暮らす貧しい人たちのために取り組んでいました。

しかし「一人っ子政策」で、女性たちが強制的に堕胎させられたことを告発しようとしたため、政府から激しい弾圧を受けるようになります。

地元当局による不当な身柄拘束や投獄、長期にわたる自宅軟禁、暴力…。家族を守るために、生き延びて活動を続けるために、命がけで中国を脱出し、米国へ渡りました。

アムネスティ・インターナショナル日本は、来る10月18日からの約3週間、陳光誠さんをお招きし、札幌、岩手、神奈川、東京、徳島、広島、京都、愛知の全国8カ所で講演会を開催します。

初来日となる今回の講演では、ご自身の経験と支えてくれた人たちのこと、さらに中国での弾圧の実態を語ります。

めまぐるしい経済発展とともに、国際社会でも大きな影響力を持つようになった中国。その裏で、よりよい社会をつくろうと声をあげる人びとへの弾圧が、いっそう激しくなっています。

陳光誠さんの経験を通して、今も中国で人権のために闘っている活動家たちのために、私たち一人ひとりができることを一緒に考えませんか。

※正式な弁護士資格は持たないが、法律家の不足している農村部などで法律相談などの活動をする人のこと。

【登壇者プロフィール】


■ 陳光誠(ちん・こうせい)
1971年中国山東省生まれ。生後まもなく病気により失明。18歳で小学校に入るまで正式に教育をうけたことはなかったが、大学に進学し指圧を学ぶ。独学で習得した法律の知識をいかし、「はだしの弁護士」として活動。水質汚染問題や障がい者への不当な待遇に対し訴訟を起こすなど、権利擁護に取り組む。「一人っ子」政策で強制的に堕胎させられた女性たちを支援したために当局の怒りを買い、脅迫を受けたり、自宅軟禁を強いられる。2012年、北京に脱出し、米国大使館へ保護を要請。その後、中国と米国両政府の交渉によって渡米が認められる。2007年、アジアのノーベル平和賞と呼ばれる‟マグサイサイ賞”を受賞。

■ 城山英巳(しろやま・ひでみ) ※東京、京都講演のみ
1969年三重県生まれ。慶應義塾大学文学部卒業後、時事通信社入社。早稲田大学大学院修士課程修了。2011年から2016年まで2回目の北京特派員を務める。中国駐在は計10年に及ぶ。2016年5月から時事通信社外信部編集委員。近著に『中国消し去られた記録 北京特派員が見た大国の闇』(白水社)。著書に『中国臓器市場』(新潮社)、『中国共産党「天皇工作」秘録』(文春新書、第22回アジア・太平洋賞特別賞受賞)、『中国人一億人電脳調査』(文春新書)。14年に戦後日中外交史などの報道で13年度「ボーン・上田記念国際記者賞」受賞。

■ 藤野彰(ふじの・あきら) ※札幌講演のみ
1955年東京生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、読売新聞社に入社し、社会部記者、上海特派員、北京特派員、シンガポール支局長、国際部次長、中国総局長、編集委員などを歴任。2012年4月から北海道大学大学院メディア・コミュニケーション研究院教授専門は現代中国論、ジャーナリズム論。著書に『嘆きの中国報道』(亜紀書房)、『現代中国の苦悩』(日中出版)、『臨界点の中国』(集広舎)、『「嫌中」時代の中国論』(柏艪舎)、『客家と中国革命』(共著、東方書店)、『現代中国を知るための44章』(共編著、明石書店)など。

【全国の講演会のスケジュール(逐次通訳付き)】

【札幌講演(北海道)】
https://www.amnesty.or.jp/get-involved/event/2017/1021_7044.html
■10月21日(土)13:30~16:30(13:00受付)
■内容:陳光誠さんのお話(60分)/対談(聞き手:藤野彰さん)/質疑応答
■会場:北海道大学・遠友学舎
■参加費:無料

【盛岡講演(岩手)】
https://www.amnesty.or.jp/get-involved/event/2017/1022_7046.html
■10月22日(日)14:00~16:30(13:30受付)
■内容:陳光誠さんのお話(60分)/対談/質疑応答
■会場:エスポワールいわて
■参加費:無料

【鎌倉講演(神奈川)】
https://www.amnesty.or.jp/get-involved/event/2017/1028_7047.html
■10月28日(土)13:30~16:00(13:00受付)
■内容:陳光誠さんのお話(60分)/対談/質疑応答
■会場:鎌倉恩籠教会
■参加費:一般500円、学生・障がい者 無料

【東京講演】
https://www.amnesty.or.jp/get-involved/event/2017/1029_7048.html
■10月29日(日)14:00~17:00(13:30受付)
■内容:城山英巳さんのお話(15分)/陳光誠さんのお話(60分)/対談/質疑応答
■会場:明治大学駿河台校舎アカデミーコモン
■参加費:無料

【徳島講演】
https://www.amnesty.or.jp/get-involved/event/2017/1101_7049.html
■11月1日(水)18:30~20:30(18:00受付)
■内容:陳光誠さんのお話(60分)/質疑応答
■会場:とくぎんトモニプラザ
■参加費:無料

【広島講演】
https://www.amnesty.or.jp/get-involved/event/2017/1103_7050.html
■11月3日(金)14:00~16:00(13:30受付)
■内容:陳光誠さんのお話(60分)/質疑応答
■会場:合人社ウェンデイひと・まちプラザ
■参加費:一般1,000円、学生・障がい者500円

【京都講演】
https://www.amnesty.or.jp/get-involved/event/2017/1104_7051.html
■11月4日(土)14:00~17:00(13:30受付)
■内容:城山英巳さんのお話(15分)/陳光誠さんのお話(60分)/対談/質疑応答
■会場:京都大学吉田キャンパス・総合人間学部棟
■参加費:一般1,000円、学生・障がい者 無料

【名古屋講演(愛知)】
https://www.amnesty.or.jp/get-involved/event/2017/1105_7052.html
■11月5日(日)14:00~16:30(13:30受付)
■内容:陳光誠さんのお話(60分)/対談/質疑応答
■会場:名古屋市市民活動推進センター
■参加費:一般500円、学生・障がい者 無料

**************************************************************

▽ アムネスティ・インターナショナル日本 公式WEBサイト
http://www.amnesty.or.jp/

▽ アムネスティ・インターナショナル 公式Facebook
https://www.facebook.com/amnesty.japan

▽ アムネスティの資料を請求する
※人権に関するさまざまな話題を取り上げた情報誌をお届けします。
https://www.amnesty.or.jp/request/

▽メールマガジンを読む(毎週木曜日・無料配信)
https://www.amnesty.or.jp/get-involved/stay-informed/mail_form.html

**************************************************************

Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 『アルコール依存症』は否定。山口達也メンバー「肝臓を休ませるための入院だった」

  • 写真で22世紀と出会う時間。未来のかたちを、描いてみよう【イベント】

  • 30年の時を超えて「同性愛」を描く2つの映画『モーリス』『君の名前で僕を呼んで』が公開

  • 「アクセス遮断が進めば、中国と同じ状況になる」NTTコム提訴の中澤佑一弁護士が警鐘

関連記事

  • ニュースキャスターのお仕事は見た目? 1週間ノーメイクでテレビに出てみたら…

  • 見えていますか? 子どもの貧困 地域で支える石巻市の子ども食堂

  • 流行語大賞2017、「ちーがーうーだーろー!」はトップテン落選

  • Googleからモバイル向け写真・ビデオのアプリ3本登場――「アプスペリメント」実験中

  • タイは空前のランニング・ブーム!ストレス解消に、外へランニングに出かけよう

  • ビデオの配信をWebRTCのピアツーピア通信で行うStreamrootが$3.2Mを調達