1. TOP
  2. 未分類
  3. タイガー・ウッズの「アイアンショット」に反響 復活待ち望む声

タイガー・ウッズの「アイアンショット」に反響 復活待ち望む声

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 59 Views

タイガー・ウッズ

男子ゴルフの元世界ランキング1位のタイガー・ウッズ選手(41)が10月8日、Twitterを更新。

腰のケガなどの影響により長らく戦列を離れているが、復活を期待させるような正確な「アイアンショット」を決める動画を公開し、反響を呼んでいる。

//platform.twitter.com/widgets.js

ウッズ選手が投稿したのは、アイアンショットを打つ姿をスローモーションで収めた約25秒の動画。

青空に向かってまっすぐボールが飛んでいく様子が映っており、「カムバックを待っている」「最高だ」などのコメントが書き込まれた。

ゴルフ界のスーパースター、本格復帰待ち望む声

ウッズ選手は、メジャー通算14勝をあげたゴルフ界のスーパースター。ここ数年は腰の痛みなどに悩まされ、治療を繰り返していた。

公式ブログで「良い日も悪い日もあった。常に痛みがあり、何もすることができなかった」などと苦しい治療生活を綴り、その上で、プロゴルフへの情熱を語っていた。

睡眠障害に苦しんでいることも明かしており、2017年5月には飲酒もしくは薬物摂取とみられる状態で運転した疑いで逮捕された

過去には女性スキャンダルが報道されたほか、目がうつろで疲れ切ったようにも見える、逮捕時の顔写真がアメリカの多くのメディアに報じられ、衝撃を与えた。

ウッズは8月下旬ごろから、練習を再開する様子をTwitterで伝えている。本格復帰を待ち望む声が上がっている。

//platform.twitter.com/widgets.js

​​​​​​​​​​​​​​【関連記事】

タイガー・ウッズ選手 逮捕時に車の中で爆睡していた「自分はどこにいるの?」


Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • スヌーピーミュージアムが町田市に移転! 六本木のミュージアムの閉館で悲しむファンに朗報

  • 尾畠春夫さんの思い 「困った時はお互い様。明日は我が身かもしれないから」 男児発見から一夜

  • フィンランド最大の音楽フェスで、自分の〝好き〟を表現する人たちに出会った。

  • オウムのジェットストリームに巻き込まれ、シャツの袖から出てきた蜂を追い回す

関連記事

  • 森友学園問題の本質は何か

  • マツコ、LGBTに関する意見「絶対に言わない」⇒ その理由とは…

  • サイボウズ式:複業を禁止されていたら、会社を辞めていたと思う──サイボウズの若手社員たちが複業する理由

  • 「シマウマ」の正体は、ペイントしたロバ?エジプトの動物園で騒動広がる

  • 日本のセックスレス、原因はAVか ネットの普及で「価値がなくなった」専門家が指摘

  • 新聞記者がまちづくり。取材する立場から、地域で取り組んだ「一過性じゃない関わり方」へ