1. TOP
  2. 未分類
  3. リオ五輪後に人気上昇の卓球が、新リーグ「Tリーグ」を立ち上げ

リオ五輪後に人気上昇の卓球が、新リーグ「Tリーグ」を立ち上げ

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 56 Views

9月15日、卓球の「Tリーグ」が、1部リーグ「Tプレミアリーグ」参入チームの公募を開始しました。 TリーグはTプレミアリーグを頂点としたピラミッド型のリーグ構想で、ドイツを参考にしています。ドイツには1~16部まであり、そのうちの1部と2部がブンデスリーガと呼ばれ、選手は報酬を貰いながらプロ選手として戦っています。また、外国人選手も参加しています。

また、オリンピックで観戦したい競技を聞くと卓球が4位となりました。そして、2020年東京五輪でメダルを期待する種目にも卓球が4位に入っています。こういった卓球人気が上昇したタイミングで、Tリーグがスタートします。

先日行われたTプレミアリーグ公募説明会には12の団体が参加。リオ五輪銅メダルの水谷隼選手や、卓球ワールドツアー史上最年少優勝の張本智和選手が所属する「木下グループホールディングス」が、男女で参入を表明したと報道されました。

男女ともに競技面で輝かしい成果を残す中、運営面(ビジネス)においても、今後どのように盛り上げていくのか注目です。

★データで見るスポーツマーケティング

Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • スヌーピーミュージアムが町田市に移転! 六本木のミュージアムの閉館で悲しむファンに朗報

  • 尾畠春夫さんの思い 「困った時はお互い様。明日は我が身かもしれないから」 男児発見から一夜

  • フィンランド最大の音楽フェスで、自分の〝好き〟を表現する人たちに出会った。

  • オウムのジェットストリームに巻き込まれ、シャツの袖から出てきた蜂を追い回す

関連記事

  • 「病名」ではなく、個人の医療費と経済状況に応じた「難病対策」を

  • 「転職多い」は必ずしも不利じゃない 企業が見るのはここだ!

  • ボストンエリアのスタートアップが、ニューヨークのベンチャー企業の数を追い抜く勢いに

  • Windows 10がYubicoのSecurity Keyでパスワード不要のログインをサポート

  • DMM傘下のピックアップ、女性同士に特化したライブ配信アプリ「CHIPS」をリリース

  • <野村沙知代さん死去>夫・野村克也氏は「どんな奥様でしたか?」と問われ、こう答えた。