1. TOP
  2. 未分類
  3. メタップスの時間市場タイムバンクが、テックビューロのCOMSAでICOを検討

メタップスの時間市場タイムバンクが、テックビューロのCOMSAでICOを検討

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 60 Views

メタップスは、テックビューロが提供するICOソリューションCOMSAを使い、同社のサービス「タイムバンク」のICOを実施することで検討開始した。2017年内から2018年夏までの実施に向けて協議する。

タイムバンクは、専門家の時間を売買するサービス。このサービスで取り扱う「時間」をブロックチェーン上のトークンとして表現することで、マーケット拡大と流動化を目指すとしている。タイムバンクで扱う「全時間の平均価格」と連動したトークンや、利用実績に応じて手数料割引を受けられるトークンなどを想定する。詳細は追って随時発表としている。

ここで「検討開始」と微妙な表現になっているのは、メタップスが上場企業で情報開示に厳しいという背景がある。

ここで注記しておく必要があるが、8月3日にCOMSAを発表した時点ではICO案件の予定としてプレミアムウォーターホールディングスとCAMPFIREの両社が予定されていた。ただしプレミアムウォーターホールディングス案件はその後いったんWebサイトから掲載を取り下げ、検討続行中とのことだ。CAMPFIRE案件は同社とテックビューロの業務提携をめぐる意見不一致のためキャンセルとなった。この件に関して双方が経緯や見解を公表しているが、これは直接の対話が難しい段階にあることを示す。CAMPFIRE側の見解と、テックビューロ/COMSA側の見解および反論を見ると、両社の間には深刻な主張の食い違いがある。

懸念材料はあるがCOMSAのICOは進行中である。COMSAは、先月に大口投資家向けのプリセールを実施、10月2日より一般向けのトークンセールを実施中である。アクセス集中により、セール中にもかかわらずサイトを閉鎖して長時間のメンテナンスする一幕もあったが、仮想通貨建てで集めた資金は、10月6日15:30頃の段階で84.2億円に到達しており、世界的に見ても大型のICOとなりつつある。

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

Akio Hoshi

この人が書いた記事  記事一覧

  • スポーツチームに投げ銭できるサービスEngateを9月開始、NEMブロックチェーンでトークンを発行

  • 初音ミクとも対話可能、クーガーがKDDIに技術提供、機械学習×ゲームAI×xR×ブロックチェーン

  • 「日本仮想通貨交換業協会」が正式発足、ルール整備で信頼回復を目指す

  • bitFlyerがObjective-C共同開発者Tom Love氏を顧問に、ブロックチェーン向け言語開発に取り組む

関連記事

  • 8年で9回再発、「余命半年」宣告から5年…どや!この春もやるぜ! がん患者らが集う「ドヤフェス」、新宿で4月末に開催へ

  • 韓国でも記録的な寒波。「凍った」シリーズがオンラインで大流行

  • やることやって、人の力を迷わずに借りる。時短のママが、営業でも広報でも成果を出すためにしたこと。

  • サイボウズ式:子育てはキャリアの中断ではなく、キャリアアップだ──ライフネット生命 出口治明さんの女性活躍論

  • Facebookで、ロシア政府関与の投稿がアメリカの利用者1.26億人に届く 「対立を煽る」内容が大半

  • ルイ王子が洗礼式で着る予定の英国王室に伝わるガウンとは?