1. TOP
  2. 未分類
  3. GoogleはPixelのヘッドフォーンジャックをなくしてベゼルのないスマートフォンに接近

GoogleはPixelのヘッドフォーンジャックをなくしてベゼルのないスマートフォンに接近

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 31 Views

ヘッドフォーンジャックの消滅は、まるでドミノ倒しのように各企業に伝染している。今日(米国時間10/4)倒れたGoogleドミノは、同社のスマートフォンからあの、かつてはどこにでもあったポートをなくしたが、それは今となっては勇気や度胸とは無縁の決断だった。ジャックを取り去る動機は、最近のモバイルの動向を見れば明らかだ。そしてPixelも、近いうちに、エッジツーエッジ(ベゼルレス)のディスプレイに移行したいのだ。

GoogleのプロダクトチーフMario Queirozは今日(米国時間10/4)のイベントのあとで本誌にこう語った: “ジャックを消した主な理由は、今後のメカのデザインに備えるためだ。ディスプレイをできるだけエッジに近づけたい。それをやるなら、早い方がいい、というのがチームの意見だ。昨年はまだ早すぎたかもしれないが、今年はすでに、市場にいくつも登場している”。

Queirozによると、今回、AppleのAirPodと競合するPixel Budsを出したのも、もちろん同じ動機からだ。同社はジャックを外して市場への開口部を作り、Assistant〔マイク/スピーカ内蔵〕をもっと身近にするハードウェアにも近づいている。そして一方では、TranslatorがDouglas AdamsのBabelfishの実世界バージョン〔SFではないバージョン〕に変わる。

ベゼルの避けられない死が迫っていることは、同社が大型のPixel XLでP-OLEDを採用したことにも表れている。プロダクトマネージャー相当VP Brian Rakowskiはこう語る: “たしかにまだ新しい技術だけど、スクリーンがサイドまで回りこむ設計にはぜひ挑戦したい。それでいてしかも、手に持ちやすくて、ディスプレイそのものを握る必要はない。ユーザーに接近感を与えるデザインになり、背板がなくなることによって、カーブがもっとまるくなる”。

今回のPixelを見るかぎり、Googleがまだそこまで行ってないことは明らかだが、なぜそれでは、AppleやSamsung、LGなどの後(あと)をすぐに追わないのか? それは、前面スピーカーがスクリーンの側面にある、という設計のせいでもある。

Queirozによると、ユーザーにスマートフォンを持つための場所(どこを持つのか)を与える、という意味合いもある。“ディスプレイを握っている、という感じにはしたくなかった。そのために、かなり苦労した”、と彼は説明する。そしてHTC U11のActive Edge機能〔エッジがタッチインタフェイスになる〕からヒントを得たPixel 2は、人間が手で握る場所を増やすことにも、貢献しているのだ。



[原文へ] (翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

Brian Heater

この人が書いた記事  記事一覧

  • Spotifyの無料版はApple Musicと戦う主要兵器だ

  • Canaryのセキュリティカメラの人検出AIが改良、もう壁に映る影で警報はしない

  • Appleの新しいiPhoneリサイクルロボット、その名は‘Daisy’

  • Amazon Primeの会員が全世界で1億を超えた、巨大市場インドが貢献か

関連記事

  • 屋内農業をセンサーデータで助けるAgrilystが新たに$1.5Mを調達、中国進出もねらう

  • 日本ってなぜこんなにもくだらないテレビ番組が多いの?

  • 娘を死なせたくない。両親は認められていない生体肺移植の道を探った

  • 「絶え間ない幸せの泉」と「自分の周り」

  • これが、日本人メダリスト16人だ。連覇や2冠に初めてのメダル、喜びの瞬間をもう一度(画像)

  • 「チャットフィクション」国内でもサービス続々——ピクシブが参入、DMMは子会社と連携強化