1. TOP
  2. 未分類
  3. TechCrunch Tokyo 2017、スタートアップデモブースを20社分増枠しました

TechCrunch Tokyo 2017、スタートアップデモブースを20社分増枠しました

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 41 Views

11月16日、17日に渋谷ヒカリエで毎年恒例のスタートアップイベント「TechCrunch Tokyo 2017」を開催する。

TechCrunch Tokyo 2017では、創業3年未満(2014年10月以降に創業)のスタートアップが会場内でブースを出展できる「スタートアップデモブースチケット」を用意している。いつも30社分のデモブースを用意しているのだが、今年は例年より多くのスタートアップの申し込みをいただき早くに売り切れてしまっていた。たくさんのお申し込みをいただいて嬉しい限りだ。

売切れ後も問い合わせが続いたこともあり、今年はより多くのスタートアップがデモブースを出展できるよう、20社分のデモブースを追加販売することに決めた。ぜひこの機会に出展を検討してみてほしい。

デモブースチケットは売り切れ次第販売終了となり、これ以降の追加販売は予定していない。また、10月20日を過ぎてお申し込みいただいた場合は、パンフレットへの記載が難しくなるので、出展を希望するスタートアップは早めに申し込んでほしい。

スタートアップデモブース2日通し券の価格は3万5000円。チケットには2名分の入場チケットが含まれている。申し込み条件は創業3年未満(2014年10月以降に創業)のスタートアップ企業のみだ。なお、上場企業の子会社や、創業3年以上の外資系企業の日本法人の出展は対象外とさせて頂いている。また、公序良俗に反する、イベント趣旨に沿わないなど、出展内容によってはお断りする場合があるので、ご承知おきいただきたい。

デモブースの仕様は下記の通り。デモブースに関するFAQも合わせてご確認いただければと思う。

スタートアップデモブースのチケット購入はこちらから

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

Nozomi Okuma

この人が書いた記事  記事一覧

  • 民泊運営用の物件検索サイト「民泊物件.com」提供、スペースエージェントが数億円規模の調達

  • iOS、CASHにカッシーニ――2017年TechCrunch JPで最も読まれた記事TOP10

  • 読者に本を最適に届ける出版プラットフォーム――幻冬舎とCAMPFIREが共同出資会社を設立へ

  • 「チケットキャンプ」来春にもサービス閉鎖へ

関連記事

  • FCC現委員長のネット中立性悪者説はすべて正しくない、と同僚の委員が指摘

  • 市川海老蔵、娘の変化を感じ「やたら気になる」

  • YCC導入後の20年国債金利-金融政策の出口に関する情報はどこに織り込まれるか:基礎研レター

  • 米ウォルマート、スーパーの棚管理ロボットを50店舗以上に導入。「店員を置き換えるのでなく作業を軽減」

  • 手紙を書いても人間関係は続かない「即効性なんてないんです」 – ライフネット生命創業者 出口治明氏インタビュー【最終回】

  • ジョーカー単独映画で描かれるのは、80年代の落ちぶれたコメディアン!?