1. TOP
  2. 未分類
  3. 在日カンボジア人が安倍首相・河野外相に請願書を提出「自由で公平なカンボジア総選挙を実現して」

在日カンボジア人が安倍首相・河野外相に請願書を提出「自由で公平なカンボジア総選挙を実現して」

未分類
この記事は約 12 分で読めます。 49 Views

English is below

220名の在日カンボジア人の署名を手に

9月27日、約15名のカンボジア人が日比谷公園に集合した。外務省に請願書を届けるためだ。

「自由で公平な選挙を実現の支援をしてほしい」

集まった多くの人々は、大虐殺が起きたポル・ポト時代にカンボジアから逃れてきたインドシナ難民の人々。無国籍や難民の方も多く、母国に戻り、投票することが難しいという現実がある。

現在、カンボジアは2017年7月に行われる総選挙に向けて、

与党・人民党、フン・セン首相の締め付けが強化、国内情勢が混乱している。

参考

カンボジア:32年目の独裁政権は国家を自由に動かす 最大野党の代表を逮捕&24年の歴史ある英字新聞を廃刊に

カンボジア:「カンボジア・デイリー」に続き、米メディアのプノンペン支局も閉鎖が決定 担当省「閉鎖には同省と関係ない」

カンボジア人の願いは「自由で公平な選挙」だ。

1993年、UNTAC「国連カンボジア暫定統治機構 (United Nations Transitional Authority in Cambodia)」の下、日本もPKOに参加し、カンボジアの総選挙において「自由で公平な選挙」を実現した。

その際、文民警察官や選挙の監視を行う人々も派遣された。

悲しいことに、選挙監視員として活動中に中田厚仁さんは殺されてしまった。

今でもカンボジアには「アツヒト村」があり、彼の功績が讃えられている。

また、文民警察官の高田晴行警部補が武装勢力によって殺されてしまった。

こちらは、NHKスペシャル「ある文民警察官の死~カンボジアPKO 23年目の告白~」に詳しい。

この作品は、数々の賞を受賞しており、評価が高い。

しかし、その後行われてきた総選挙では、不正を疑う市民の声があった。

例えば、2013年の選挙では、開票の際、テレビ中継が途中でストップ、数時間後に再開した。

その出来事に対し、野党や市民はその間に不正をしていたのではないかと不満が噴出したこともある。

選挙の投票日は6月4日なのに、本結果の発表は6月25日など、疑惑は至るところにあるとカンボジアの人たちは話す。

220名の在日カンボジア人の署名を手に、

在日カンボジア人一行は、外務省でカンボジアを担当する職員と意見交換を行ったあと、

安倍晋三内閣総理大臣・河野太郎外務大臣宛に請願書を渡した。

「本当に支援をお願いしますと頭を下げてきました。日本政府の反応に期待しています」

日本政府にしか頼れないワケ

「日本政府にしか頼ることができないのです」

そう語るのは、2008年、留学生として日本を訪れ、2013年から日本の会社に勤めるハイ・ワンナー氏。

彼は政治活動家であり、カンボジア現政権のスポークスマンからも目をつけられている。

特に理由もないにも関わらず、訴えられそうになった過去がある。

スポークスマン個人のFacebookに個人名を出され、訴えると言われたという。

現在の与党が政権を持っている間にカンボジアに戻れば、逮捕、暗殺の可能性が高いため、

今後、カンボジアに戻れる見込みはない。

ワンナー氏の両親はプノンペンに住んでいる。

警察が彼の両親の元を訪れ、国勢調査のふりをして、ワンナー氏の動向を聞き出したという。

「家族に危険が及ぶ可能性も少なくない」と家族を心配する。

「これまで日本政府には1991年のパリ和平協定や1993年のUNTAC派遣からお世話になってきました。
日本はカンボジアの意見を尊重しながら、多大な貢献をしてくれており、感謝しています。
他国からの意見は耳も貸さないフン・セン首相ですが、日本からであれば耳を傾けてくれるはずです」

フン・セン首相は、特にアメリカに対して厳しい姿勢を取り続けている。

暗黒のポル・ポト時代が起きたことの起因の1つをアメリカとしている。

また、今月上旬にケム・ソカ氏を逮捕した理由は「アメリカと共謀し、国家への反逆を図ったから」
であり、さらにいえば、米メディアのプノンペン支局を閉鎖に追い込んだ。

それに対し、アメリカは、カンボジア外務省関係者のビザ発給を中止にするなど、
二国間の関係は厳しくなっている。

今月上旬、最大野党の党首の逮捕、英字新聞の閉鎖の際、各国の政府は公式にホームページで批判の姿勢を表明したものの、日本政府は表明見送りを決定した。

影に隠れがちだが、ポスト北朝鮮と言われるカンボジアをこのまま見過ごすことがあってはならない。

これまで日本が貢献してきたことを上手く活用するべきだ。

そうでなければいずれ、日本企業、NGO団体、カンボジア在住日本人たちが相次いで撤退し、

日本の国益を損することになってしまうだろう。

Cambodians in Japan submit a petition to Prime Minister Shinzo Abe and Minister for Foreign Affairs Taro Kono “”We want free and fair elections in Cambodia””

With 220 people signing the petition of Cambodians living in Japan

On September 27, about 15 Cambodians gathered at Hibiya Park in order to deliver the petition to the Ministry of Foreign Affairs.

“We want free and fair elections in Cambodia”

Most of us were Indochina refugees, victims of Pol Pot massacres reign. Cambodians living abroad see that the situation in their country is difficult and the elections are not free of corruption.

Presently, Cambodian government under the ruling party, CPP, and Prime Minister Hun Sen, July 2017 election was confusing.

Reference:

Cambodia’s Dictatorship leader, for 32 years, has arrested representatives of the opposition party leader. He also banned the free press and English newspapers, established for 24 years.

Cambodia: Following the “Cambodia Daily”, the Phnom Penh branch office of the media also closed down according to the Ministry of the Affairs order. “It is not related to the department for closure”.

Cambodians wish a “free and fair election”.

In 1993, under the UNTAC “United Nations Transitional Authority in Cambodia”, Japan also participated in PKO and realized “free and fair election” in the general election of Cambodia.

At that time, police officers, people who monitored the elections were also dispatched.

Sadly, while working as an election observer, Mr. Atsushi Nakada was killed. Even now, Cambodia has “Azit village”, and his achievements are praised.

In addition, police officer Haruyuki Takeda was killed by armed groups.

This is familiar to NHK Special “Death of a Police Officer – Confession of Cambodia PKO 23 Years ago”.

This work has won numerous awards and has high evaluation.

However, there was a voice of citizens who doubt the corruption in the general election that has been held since then.

For example, in the election of 2013, dissatisfaction came out that opposition parties and citizens had been frustrating about fraudulent result because the television broadcasting stopped halfway and restarted few hours later.

Although the election day was July 4th, the announcement of the result was July 25. It made people wonder “Why did it take so long for the result to be announced?”

With the signature of 220, Cambodian people living in Japan exchanged views with staff in charge of Cambodia at the Ministry of Foreign Affairs and then sent a petition to Shinzo Abe, Prime Minister, Taro Kono, Minister of Foreign Affairs.

“We really bowed down to ask for support and we look forward to the reaction of the Japanese government.”

“We can only rely on the Japanese government”

Mr. Vanna Hay living in Japan as an international student and works for a Japanese company from 2013.

He is a political activist and was sued by a spokesperson for the current administration in Cambodia.

It was said that a personal name was given to a spokesperson’s Facebook and it was said to sue.

If you return to Cambodia while the current ruling party has power, the possibility of arrest and assassination is high,

He says he is unlikely to return to Cambodia in the future.

Mr. Vanna’s parents live in Phnom Penh.

Police visited his parents and families, pretending to be a census, heard about Vanna.

“Family members are worried about their security”.

“To date the Japanese government has taken care of from the Paris peace agreement in 1991 and the dispatch of UNTAC in 1993.

While respecting the opinions of Cambodia, Japan has made a great contribution and we appreciate it.

Prime Minister Hun Sen who does not listen to opinions from other countries, but should hear from Japan. “

Prime Minister Hun Sen continues his bad attitude, especially to the United States.

America is one of the reasons that the dark Pol Pot era occurred.

In addition, the reason for arresting Mr. Kem Sokha earlier this month blaming that “He collaborates with the United States for a rebellion against the state”; and moreover, Hun Sen government forced the closing of the Phnom Penh branch office of the American media.

On the other hand, in the United States, relations between bilateral countries are getting stricter, such as canceling visas issued for the Cambodian Foreign Ministry officials.

Earlier this month, when arresting the opposition party leader and closing the English newspaper, the government officially announced their criticism on the homepage, Japanese government decided not to declare announcement.

Although it tends to hide in the shadow to overlook Cambodia which is said to be post North Korea like this.

What Japan has contributed to so far must have influence.

Otherwise, Japanese companies, NGO organizations, Japanese living in Cambodia will withdraw in succession,

It will be damaging the national interests of Japan.

(Special Thanks:Sophear Chiv)

Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 日ハムの清宮幸太郎が2軍の試合で待望のプロ入り1、2号本塁打。ついに目覚めた「怪物」

  • 「水かけ姫」暴言でも批判殺到 大韓航空「ナッツ姫」妹のパワハラ疑惑、さらに広がる

  • B'z稲葉、マスク変装「お忍び」でイベント会場に ファンのすぐ後ろにいる写真を投稿

  • 辻仁成さんが突発性難聴を告白。「息子に支えられた数日だった」

関連記事

  • 安室奈美恵の引退で小室哲哉が心境「何とも言えない寂しさ感じるの初めて」

  • インティファーダとは? イスラム原理主義組織「ハマス」が警告

  • YouTubeがHDRビデオの再生を一部のAndroidスマートフォンでサポート

  • メーガン・マークルが十代の頃にバッキンガム宮殿前で撮影した写真が話題に

  • KinKi Kids、剛の耳に配慮したオーケストラ生演奏で公演 「どうしてもこの場所に2人で立ちたかった」

  • 恐るべし、全米最大のスポーツイベント「スーパーボウル」