1. TOP
  2. 未分類
  3. 「この日を待っていた」ドイツで同性婚が合法化。カップルが喜びの挙式

「この日を待っていた」ドイツで同性婚が合法化。カップルが喜びの挙式

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 83 Views

この日を待ち望んでいた。

ドイツで10月1日、同性婚が合法になった。この日は日曜日だったが、記念すべき日に結婚を望むカップルのために、幾つかの自治体が結婚登録のための窓口をあけた。

結婚式を挙げたカップル。

38年間付き合ってきたボードー・メンデさん(60歳)とカール・クレイルさん(59歳)は、ベルリン・シェーネベルク市役所の「ゴールデンルーム」で、友人や家族に囲まれて結婚式を挙げた。

最初の同性婚カップルになった、カール・クレイルさん(左)とボードー・メンデさん。

クレイルさんは「この日をずっと待っていました。私たちは何十年も、平等な権利のために闘ってきました。生きているうちに、結婚できる日はこないかもしれないと思ったこともありました。でも今日、ついにその日を祝うことができました」とガーディアン紙に語っている。

ドイツ連邦議会は6月30日、同性婚を公的に認める法案を可決。ドイツは同性婚を合法とする23番目の国になった。

参考:ドイツ、同性婚を合法化。レズビアンカップルとの出会いがメルケル首相を変えた

ドイツでは、2001年に同性パートナーシップが導入されたが、結婚に相当する制度ではなかった。

BBCによると、同性婚が認められたことにより、異性婚のカップルと同様の税優遇が受けられるようになり、養子縁組もできるようになる。

https://scdn.line-apps.com/stf/line-news/js/thirdparty/banner2.js
Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 「全米プロ」松山英樹「乱調」での72ホール奮闘記–舩越園子

  • サイボウズ式: 「個人が会社を使うという働き方はおもしろい」──ホリエモンと新しいカイシャを議論したら、生き方の話になった

  • サイボウズ式:従業員の同意がない転勤を禁止してほしいです──サイボウズ青野慶久、連合の会長に働き方について意見してみた

  • 【シリーズ:ウナギをめぐって】第3回 ウナギという魚の危機

関連記事

  • ケイト・ウィンスレット、『アバター』続編でジェームズ・キャメロン監督と再びタッグ!

  • 支出をコントロールする、家計の棚卸とシンプルな家計簿のつけ方

  • Essentialが次期スマホの開発中止、身売り検討か。アンディ・ルービン「売れる製品に集中するため」

  • 育児とキャリアを「両立」しながら「成長を実感」するって、可能ですか?

  • メーガン・マークルとキャサリン妃、科学的に美しい顔の持ち主はどっち?

  • 夫婦別姓「伝統を守るべき」⇒「明日からチョンマゲな」 サイボウズ・青野慶久社長の“反論への反論”が痛快すぎる