1. TOP
  2. 未分類
  3. ダッチワイフに人工知能が搭載されたハイテクロボ、テクノロジーの祭典で無残に壊される

ダッチワイフに人工知能が搭載されたハイテクロボ、テクノロジーの祭典で無残に壊される

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 616 Views

人工知能を搭載したハイテク・ダッチワイフの「サマンサ」と、開発者のセルジ・サントス氏

オーストリア・リンツのテクノロジーの祭典に出品された、高性能なダッチワイフが、来場者のひどい扱いを受けて壊される事件があった。

“彼女”の名前は、サマンサ。開発者でスペイン・バルセロナ出身のエンジニア、セルジ・サントス氏は、先週開催された「アーツ・エレクトロニカ・フェスティバル」で、彼女を出展した。

サマンサは、人工知能(AI)が搭載されており、性的な誘いの言葉に対して答える機能を兼ね備えている。そのため彼女は、あたかも性的に興奮し、恋に落ちたかのように見える

だが、フェスティバルではそんなことは起こらなかった。代わりに、サマンサは乱暴に扱われ、来場者によって壊されてしまった。

「来場者たちは、サマンサの胸や足、腕に乗りました。指は2本取れてしまった。彼女はひどく汚されてしまった」。サントス氏はイギリスのニュースサイト、メトロの取材に答え「彼らはテクノロジーに対する理解と、敬意に欠けている。野蛮だ」と話した。

サマンサの身体は傷つけられてしまったが、AIのソフトウェアは無事だったという。デイリースターによると、サントス氏が彼女に「ご機嫌いかが?」と話しかけると、彼女は「ええ、元気よ」と答えたという。

この事実は、サントス氏に希望を与えたようだ。「サマンサはよく耐えた」と彼は語っている。

//platform.twitter.com/widgets.js

サントス氏を支援するイギリスのエンジニア、アラン・リー・スクイア氏は、「サマンサは女性のように扱うべきだ」と語った。「彼女はただのダッチワイフではなく、AIを搭載した、ロボットなのです」

サントス氏は、サマンサを修理に出すため、バルセロナに送り出した。デイリースターは、サマンサは一体あたり4000米ドル(約45万円)で、これまで15体が販売された。

Vibes Adult Boutique

Synthea Amatusさん(@syntheaamatus)がシェアした投稿 –

//platform.instagram.com/en_US/embeds.js

ハフポストUS版に掲載された記事を翻訳しました。

Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • カーリング女子、3位決定戦の放送時間と見どころは? 銅メダルかけてイギリスと対戦(平昌オリンピック)

  • 2月も残すところあと少し。この先3か月の天気はどうなる?

  • 困難が待ち受けていたとしても、浜田ブリトニーが "シングルマザー" を選んだ理由とは?

  • 竹内智香、連続メダルならず。5度目の冬季オリンピック(スノーボード女子大回転)

関連記事

  • 熊本市議会の赤ちゃん連れ問題。"YES" "NO"以外の答えにテレワークあり?!

  • 松本人志「一線は越えている」 不倫会見の際には告白すると宣言

  • 仮想通貨「モナコイン」を盗むウイルス作成容疑、高校生を逮捕

  • 「事前」と「事後」:伊藤和子さんのお話を聞いて

  • 脳幹に局在して体重減少を調節する受容体

  • 「最も尊敬する男性」でオバマ氏が10連覇 トランプ大統領は2位