1. TOP
  2. 未分類
  3. Twitter、英語上限280字の実験開始――文字数拡大は日本語のせいだった

Twitter、英語上限280字の実験開始――文字数拡大は日本語のせいだった

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 27 Views

昨夜(米国時間9/26)―締め切りに追われるジャーナリストにとって不都合きわまりないタイミング―でTwitterは「文字数上限を2倍にするテストを実施する」と発表した

簡潔な140文字よ、さらば。冗長な#280よ、こんにちは。

しかしなぜTwitterはこのテストを始めたのだろう?

Twitterのプロダクト・マネージャーのAliza Rosenは長文のブログ記事で「世界のマーケットを考えたとき、140文字内で考えを述べねばならないという制限を外せばもっとツイートが増えるはず」と説明している。記事には下のようなグラフが貼ってあった。

記事ではグラフにされていなかったが、Twitterの成長に関する問題というのは簡単にいえば成長していないことだ。

RosenはTwitterは「世界のユーザーが簡単に自分の考えを述べられるようにすることを求めている」と書いているが、Twitterの140文字制限がヘイトスピートを公にすることを抑制している可能性については触れていない。(Rosenの記事にはTwitterプラットフォームを利用した不当、不正な行為に対策も論じられていない)。【略】

〔日本版〕TwitterのRosenのブログではグラフをクリックすると拡大することができる。グラフは縦軸がツイート数、横軸が文字数。赤線が日本語、青線が英語。

  • 日本語ツイート数の最多は15文字
  • 英語ツイート数の最多は34文字
  • 日本語の場合、140文字のツイートは0.4%
  • 英語の場合、140文字のツイートは9%

と説明されている。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

Natasha Lomas

この人が書いた記事  記事一覧

  • ガートナー、世界スマートフォン販売台数の減少を初めて報告

  • 電池切れ直前のスマホでないと使えないチャットアプリDie With Meはデジタルアートだった

  • Googleのセルフィーと名画マッチング機能が大人気――ただし当面アメリカのみの実験

  • Softbank、Auto1に4.6億ユーロ投資と発表――オンライン自動車販売プラットフォームをドイツから世界へ拡大

関連記事

  • チャームクォークはエネルギッシュに入れ替わる

  • KDDIとクーガーがブロックチェーン技術Enterprise Ethereumを修理業務に適用する実証実験を開始

  • 米大型書店「バーンズ&ノーブル」、1800人をレイオフ。悲嘆に暮れる元店員のツイートがつらい

  • 宇宙飛行士・金井宣茂さんのあふれ出るアニメ愛 ソユーズで国際宇宙ステーションへ

  • トヨタの新しいヒューマノイドは、まるで生きているように操ることができる

  • 水は最も誤嚥しやすい――汁物には「とろみ」。でもつけ過ぎも危険!