1. TOP
  2. 未分類
  3. ダイソンが電気自動車を開発中、2020年発売を目指す

ダイソンが電気自動車を開発中、2020年発売を目指す

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 56 Views

ハイテク電気掃除機・扇風機メーカーのDysonが、自動車分野に進出するのではないかという話は前々から噂されていた。もはやそれも噂ではなくなった。同社は、バッテリー方式の完全電気駆動自動車を2020年までに発売することを正式に認めた。

このニュースはDysonのファウンダー・CEOのJames Dyson自身の口から語られたもので、全社向けのメールでプロジェクトを発表した。メールには、現在掃除機やヘアドライヤーのトレードマークとなっているサイクロンモーターの当初のビジョンが、ディーゼルエンジンの排ガスをなくしたいというDysonの思いから来ていることが詳しく書かれている。

そのディーゼル排ガス捕獲システムはDysonの思い通りには進まなかったが、最終的に同社の電気掃除機で使用するモーターの基盤を作ることになる。パワーと効率を兼ね備えたバッテリー駆動のコードレス方式も合わせて開発された。しかしDysonは、自分にとっても会社にとっても、ゴールは今でも世界の大気汚染レベルを減らすことだと言っている。

  1. 526_sb_t-bg_05.png

  2. 526_sb_t-bg_01.png

  3. 526_sb_t-bg_04.png

  4. 526_sb_t-bg_02.png

そのためにこの会社は、様々な消費者製品を作ってきたチームの成果と専門知識を集結して、このバッテリー電動自動車の開発に取り組んでいる。Dysonは、自動車業界のベテランを含む同社の「トップ」エンジニアたちからなるチームを構成した。人数はすでに400人を超え、30億ドル近い金額をプロジェクトに投資する考えだ。

Dysonは、現在自動車開発に取り組み中であり、2020年までに路上デビューさせたい、ということ以上については口をつぐんでいる。いつかこれがやってくることは、雇用その他の情報から本誌も予期していたが、それでも英国ベースのグローバル・テクノロジーのトップ企業が、これまでの成功と大きく異なる分野に進出することには、大いに興味をそそられる。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

Darrell Etherington

この人が書いた記事  記事一覧

  • Einrideの自動運転トラックはNvidiaを搭載、今秋出荷を開始

  • Uberの自動運転車はNvidiaのDriveコンピューティングプラットホームを使っていなかった

  • Uberはアリゾナ州の路上の自動運転車のテストを禁じられた

  • イーロン・マスクのThe Boring Co.の次の商品は、トンネルの岩から作られた大きなレゴブロックになる

関連記事

  • GoogleのTranslateアプリがインターネット版と同じく機械学習の使用へ(全59言語)

  • 想像力を駆使して手当たり次第に“考える” 「例えば、新垣さん」

  • キャサリン妃、大切にしているのは「家族のありふれた時間」

  • Fetch、倉庫オートメーション向けロボットの新種を投入

  • 自宅ですぐに真似したい。極上ハイボールの作り方を「マスター・オブ・ウイスキー」に聞いた(動画つき)

  • Dropboxの最新アップデートでモバイル上のコラボレーションがとてもスムーズに