1. TOP
  2. 未分類
  3. 石破茂氏がテレビで安倍政権を大批判 目指すは「政府が嘘を言わない」政治

石破茂氏がテレビで安倍政権を大批判 目指すは「政府が嘘を言わない」政治

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 13 Views

9月の自民党総裁選に出馬表明し、安倍晋三首相に挑む石破茂氏が8月11日、TBS「時事放談」に出演した。掲げる「正直・公正」の意味を問われた石破氏は「政府が言ってることは信頼できる、嘘言っていないよね、証拠を書き換えたりしないということ」と述べた。

森友・加計問題で信頼を勝ち取ることができず、財務省や防衛省で公文書を書き換えた安倍政権を真っ向から批判した。

安倍政権を批判

石破氏は番組内で語気を強め「政府は公正であらねばならい。本当に公正か、そこにえこひいきはないか?政府は謙虚でないといけない」と加計問題を念頭に批判。

政府や首相を信頼できないという世論調査に基づき、信頼を取り戻すことが重要であると強調した。

総裁選について、石破氏は「国民に安倍さんと私が何が違うかを理解してもらいたい。アメリカの大統領選のようなディベートをやりたい。憲法、外交、財政、社会保障などテーマを区切ってやりたい」と要望した。

石破氏は不利だが……

ただし、石破氏が不利な状況には変わりはない。自民党の派閥は多くが安倍首相支持を表明しており、安倍支持をしないと「冷遇」も囁かれる。

石破氏は「支持しないと冷遇なんて自民党は見たことない。ポストは国家、国民のためにある。政権のためにはない」とし、「勝てる選挙でなければやらない。勝算はある」と述べた。

Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 「全米プロ」松山英樹「乱調」での72ホール奮闘記–舩越園子

  • サイボウズ式: 「個人が会社を使うという働き方はおもしろい」──ホリエモンと新しいカイシャを議論したら、生き方の話になった

  • サイボウズ式:従業員の同意がない転勤を禁止してほしいです──サイボウズ青野慶久、連合の会長に働き方について意見してみた

  • 【シリーズ:ウナギをめぐって】第3回 ウナギという魚の危機

関連記事

  • 市川海老蔵、朝の竹下通りでセリフ覚え「ドシドシはいる」

  • 出でよ、次のユニコーン~経済産業省のプログラム「J-Startup」がスタート!:研究員の眼

  • ネイサン・チェンは「歴史を作った」 4回転ジャンプに5回成功【フィギュア男子・フリー】

  • SalesforceとGoogleが提携を発表

  • ブランクがあっても働ける! 専業主婦ママが今しておくこと

  • 暗号化通貨のイーサリアム、「数年」以内にVisaの規模になるとファウンダーが発言