1. TOP
  2. 未分類
  3. 『女子力』という言葉の正体 ― 無意識のジェンダー・バイアス

『女子力』という言葉の正体 ― 無意識のジェンダー・バイアス

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 7 Views

「女子力が高い!」という言葉を、よく見聞きします。

『女子力』は2009年の新語・流行語大賞にノミネートされ定着し、会話の中だけでなく雑誌や書籍のタイトルに。調べてみたら入学案内に「女子力を磨く」と掲げている大学もありました。

では、どういう意味で使われているでしょう。例えば、料理やお菓子作りが上手だったり、ボタン付けに始まる裁縫、手芸などが上手だったり、持ち物が清潔で可愛かったり、身だしなみがきちんとしてたり、子どもに優しかったり、そんなところでしょうか。

この言葉は、当初女性に対して使われていたと思われるのが、現在では性別に関係なく使われます(年齢的に子どもと高齢者は除くようです)。むしろ料理上手な男性に「女子力髙い!」と女性が声を上げる、というシチュエーションなどが多く見られます。使っている人に悪意はなく100%の賛辞だと思いますが、言われた男性は喜んだりむっとしたり。

『女子力』という言葉に出くわすと、私はいつも微妙な気持ちになります。

『女子力』は「女らしい」という意味でしょう。同様に「男らしい」という言葉もあります。女らしさは上記のようなものに加え優しさや慎ましさ、男らしさは肉体的かつ精神的な大きさと強さでしょうか。もちろん褒め言葉であったこれらの言葉について、現代では、男性と女性の伝統的な性役割の押しつけではないか、と感じる人が増えています。女性だから料理が上手でなくてはならない、男性だから強くなくてはならない、そうでない人はその性別としての価値が下がる。それはおかしいのではないかと。

先日、性別適合手術を受けて男性として生活している友人が、素敵なグッズを持っていたことで「女子力髙い!」と同僚から言われたそうです。彼は女性であったことを職場で明らかにしていません。

「オレ元女子ですから!って素で言い返しそうになりましたよ。『女子力髙い』と言われて、複雑、というか不思議な気持ちでした。世の中の人は、目の前の存在をありのままに見るのではなく、言動や見た目をいちいち男性か女性かに当てはめて見るんだなと」

当然のことながら男性と女性には性差があります。そして現代においては男性と女性以外の性があることも世界的に認められています。しかし「女性だから」「男性だから」「LGBT当事者だから」とひとくくりにされて古い価値観から何かを強いられたり、差別されたりすることはジェンダー・バイアスと呼ばれ、社会から取り除かれるべき問題と考えられています。

「女子力が高い!」と女性たちが口にすることは、自らジェンダー・バイアスを肯定しているのではないか。根っこの部分では先日の東京医医科大学の問題とも繋がっているのではないだろうか。そんな風に感じてしまうのは、意地悪過ぎるでしょうか。

Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 「全米プロ」松山英樹「乱調」での72ホール奮闘記–舩越園子

  • サイボウズ式: 「個人が会社を使うという働き方はおもしろい」──ホリエモンと新しいカイシャを議論したら、生き方の話になった

  • サイボウズ式:従業員の同意がない転勤を禁止してほしいです──サイボウズ青野慶久、連合の会長に働き方について意見してみた

  • 【シリーズ:ウナギをめぐって】第3回 ウナギという魚の危機

関連記事

  • 競合が多い分野で月間2億ユーザーを突破、高品質Q&Aサイト「Quora」の差別化戦略

  • 籠池泰典被告"10か月"ぶり保釈 長期勾留は裁判所の忖度?

  • 日本のビットコイン販売所「bitFlyer」がアメリカ進出、42州でサービス提供へ

  • CurioPetsはARを駆使した世界探索型ペット育成ゲームだ

  • ゆるキャラの経済効果とは何だったのか。地方が本当に生き残るための「稼ぐ事業」とは

  • 空き地に放置されていた壁、実は「ベルリンの壁」だった。崩壊から29年後に認定