1. TOP
  2. 未分類
  3. この新しい素材オーセチックスはエネルギーを抱き込んで自分の中に保存する

この新しい素材オーセチックスはエネルギーを抱き込んで自分の中に保存する

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 16 Views

オーセチックス(auxetics)は、エネルギーを与えられると膨らんだり角が飛び出たりせずに、そのエネルギーを内部に保存する素材だ。押したり叩いたりするたびにそのエネルギーを蓄え、それを一定のペースで発散する。しかし歴史的にはこれらの素材には鋭利な角があって、押しすぎると簡単に破損した。そこでロンドンのクイーンメアリー大学とケンブリッジ大学の研究者たちは、オーセチックスもっと丈夫に効率的に利用する方法を発見した。この方法では、エネルギーを保存してそれを機械的に、何千回も放出するシステムを作れる。

クイーンメアリー大学のDr. Stoyan Smoukovはこう語る: “新しい素材設計の輝かしい未来は、それらがデバイスやロボットを置換していくことにある。すべてのスマートな機能を素材に埋め込める。たとえば鷲が獲物をくちばしでつつくときのように、オブジェクトを何度でもつつくことができるし、新たな力を加えることなく万力のように物を保持できる”。

たとえばロボットがこのシステムを使ったら、物を手で握って、それを離すときが来るまで手をずっと閉じていられる。開いて物を下に落とすときまで、手や鉤爪などに力を送り続ける必要がない。

このプロジェクトに参加した学部学生Eesha Khareはこう言う: “高熱など厳しい条件にさらされる素材の大きな問題は、その膨張だ。これからは、熱源との距離によって変わる温度勾配に合わせて、連続的に膨張特性が変わる素材を設計できる。それによって素材は自動的に、何度も繰り返される厳しい変化に対し、自分を自然に調節できる”。

このプロジェクトは3Dプリントを使って、歯のついたアクチュエータをつかむ小さなクリップを作った。エネルギーを放出するためには、物の反対側を引っ張って歯を外す。システムの全体はきわめて単純だが、エネルギーによってその素材が伸びたり膨らんだりせず、むしろそのエネルギーを蓄えるという事実は重要だ。これと同じ技術を使って、弾(たま)が装甲や防具に当たったら、その弾をつかんでしまうことが可能だろう。人も兵器も、より長寿になるね。

[原文へ] (翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

John Biggs

この人が書いた記事  記事一覧

  • 台湾のXYZPrinting、フルカラー3Dプリンターをリリース――999ドルで予約受け付け中

  • この2足歩行ロボットは頭がドローンでできている

  • この陽気なロボットは、自閉症児のセラピーに一役買う

  • この新しい素材オーセチックスはエネルギーを抱き込んで自分の中に保存する

関連記事

  • PCの売上が6年ぶりに増加、企業のWindows 10リプレースが主な原因

  • 金正恩氏のコスプレをした人物(画像集)

  • 悪質タックル、被害者の父が前監督らの会見に怒り。日大選手が「可哀想でなりません」

  • ディズニーの独自ストリーミングサービスで『ザ・マペッツ』のリメイクが配信へ

  • 集団訴訟をプロジェクト化して支援する「enjin」公開、運営会社は6000万円を資金調達

  • 俳優の山田孝之氏が取締役CIO――インフルエンサーとファンを繋ぐライブコマース「me&stars」を今冬ローンチ