1. TOP
  2. 未分類
  3. AppleがTeslaに転職していた上級技術者を再雇用、車の開発を再開する兆しか?

AppleがTeslaに転職していた上級技術者を再雇用、車の開発を再開する兆しか?

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 12 Views

噂ばかり長かったAppleの自動車開発が、本物だという兆候を探していた人にとって、ビッグなサインが飛び込んできた。AppleでMacのハードウェアエンジニアリング担当VPだったDoug Fieldが、転職先のTeslaからまたAppleに戻ってきたのだ。

Daring FireballのJohn Gruberが特ダネしたニュースによると、FieldはAppleに戻る前の5年間、TeslaでModel 3の生産を監督していた。

Appleは本誌TechCrunchに、Fieldの再雇用を認めたが、彼の役割に関する情報はくれなかった。しかしGruberの記事では、Fieldは過去に一緒にMacのハードウェアの仕事をしていたBob Mansfieldとまた一緒になるらしい。そのMansfieldが、Appleの自動車プロジェクト‘Project Titan’のトップで、定年退職を引き止められた人物というから、いきなり濃い話になってくる。

秘密主義的なProject Titanに関してはいろんな憶測があったが、中でもいちばん強烈なのは、Appleが自動車の開発を放棄したという2016年の報道だった。そして、車は作らないが自動運転技術にフォーカスする、とされた。プロジェクトは依然として不透明で見定めがたいが、でもTeslaで生産を監督していた人を— Waymoの自動運転技術者をスカウトした直後に—雇用するのは、Appleが自動車の開発を近く再開することの、強力な兆候かもしれない。

[原文へ] (翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

Jon Russell

この人が書いた記事  記事一覧

  • メッセージング企業のLINEが暗号通貨に特化したファンドを立ち上げ

  • AppleがTeslaに転職していた上級技術者を再雇用、車の開発を再開する兆しか?

  • 巨大AI企業SenseTimeがビデオ技術のMoviebookへ$199Mの投資をリード、その戦略的意図は…

  • SpaceXのFalcon 9″Block 5″ロケットの、初の再飛行を見よ

関連記事

  • 『ハンソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』の最新予告編でチューバッカの年齢が判明!

  • 紙の「雑誌ブランド」はまだ死んでいない、米国で雑誌購読者が増える異変が

  • 「大人」になるメリットが見えていた社会/見えにくい社会

  • ブロックチェーンとトークンエコノミーで“データ流通革命”を——「Datachain」が始動

  • グリーがVTuber専用ライブ配信サービス「REALITY」公開、ファン獲得と収益化サポートへ

  • 多彩な小型ロボットが活躍する超高齢社会(その1)-膝の上やリビングから果ては疲労気味の心の中まで:研究員の眼