1. TOP
  2. 未分類
  3. ニコール・キッドマンが夫キース・アーバンの前でドラマ共演者の唇にキス!?

ニコール・キッドマンが夫キース・アーバンの前でドラマ共演者の唇にキス!?

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 57 Views

Filed under: , , , , ,

9月17日に開催された2017年エミー賞授賞式で、『ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~』に出演しているアレクサンダー・スカルスガルドが助演男優賞を受賞した。共演者であるニコール・キッドマンは、喜びを抑えきれなかったらしい。


本作は、HBO製作の大人気ドラマで、キッドマンはセレステ役として主演女優賞を獲得した。キッドマンは、共演者のスカルスガルドの受賞が発表されると、壇上へ上がる前に彼の唇にキスをしたのだ。さらに気まずいことに、彼女の夫であるカントリー歌手のキース・アーバンが隣にいて、2人のキスの一部始終を目撃していたのである。

もちろん、キスはプラトニックなもので、キッドマンとスカルスガルドが同ドラマで共演して生まれた固い絆を証明するものに他ならない。ちなみに、スカルスガルドは、キッドマン演じる妻に身体的暴力をふるう夫役として同ドラマに登場する。

「ニコール・キッドマンがアレクサンダー・スカルスガルドの唇にキス。しかも夫キース・アーバンの前で」

それにしても、夫婦でもない一流俳優2人がテレビの生放送中に同業者の前でキスをするなんて、めったに見られる光景ではない。しかし、アーバンの平然としたリアクションを見ると、彼はまったく動じていないようだ。

キッドマンは受賞スピーチの中でちゃんと、真実の愛について述べている。自身が女優として生きていくためにアーバンと2人の娘たちが犠牲になってくれていることに深い感謝の気持ちを述べた。

「私には2人の娘がいます。サンデーとフェイス、そして愛するキースに、私は女優としての道を追い求めさせてほしいと頼みました。彼らはそのために多くの我慢をしてくれているのです」キッドマンは、主演女優賞の受賞スピーチの中でこう述べた。「だから、この賞はあなたたちのものです。これを娘たちの本棚に置いておきたいわ。そしたら”ママが寝かしつけてくれなかったのは、これのためだ”って分かるでしょ。すばらしいものをもらえたわ」

■参照リンク
http://www.aol.com/

Permalink

Source: AOLニュース

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • スヌーピーミュージアムが町田市に移転! 六本木のミュージアムの閉館で悲しむファンに朗報

  • 尾畠春夫さんの思い 「困った時はお互い様。明日は我が身かもしれないから」 男児発見から一夜

  • フィンランド最大の音楽フェスで、自分の〝好き〟を表現する人たちに出会った。

  • オウムのジェットストリームに巻き込まれ、シャツの袖から出てきた蜂を追い回す

関連記事

  • ここに注目!原油相場~原油相場の動向と見通し:基礎研レター

  • もしも、東京オリンピックを日本人選手全員がボイコットしたら? 気鋭の芸術家が映像化へ

  • 「彼氏と別れて気づいた」。ニッキー・ミナージュが感じた、一人でいることの良さって?

  • 暴露本『炎と怒り』著者はどうやってホワイトハウスに食い込んだか–青木冨喜子

  • MacOSがついに外付けGPUをサポート

  • ワーママは小学校受験できるのか ~ママたちの小学校受験壮絶バトル体験記~【前編】