1. TOP
  2. 未分類
  3. アディダス「再生プラスチックだけを使う」と表明 2024年まで目標

アディダス「再生プラスチックだけを使う」と表明 2024年まで目標

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 23 Views

世界的なスポーツ用品メーカー・アディダスは、すべての靴と衣服にリサイクルされた再生プラスチックだけを使うという、新しい方針を明らかにした。2024年までに未使用プラスチックの使用を取りやめる計画だという。フィナンシャルタイムズなどが7月15日に報じた。

アディダスはこれまでも、ビニール袋を紙袋に切り替えたり、ペットボトルをリサイクルして靴を作ったりと、プラスチックの削減に取り組んできた

ブランド統括責任者のエリック・リッキー氏は、「現在、アディダス製品の原料の約50%はポリエステルだ」とフィナンシャルタイムズに対して語っている。そのため、移行には時間がかかるという。

CNNマネーによると、世界全体のプラスチック使用量は過去50年間でそれまでの20倍に増加した。今後はさらに増える見込みだ。しかし、プラスチックのリサイクル率は14%のみで、紙のリサイクル率58%、鉄鋼のリサイクル率90%と比べて格段に悪い。

このところ、スターバックスがプラスチック製のストローをやめると発表したり、イギリスやアイルランドのマクドナルドも紙製のストローを試験的に導入した。プラスチックを削減する動きが、世界的に広まっている。

Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • スヌーピーミュージアムが町田市に移転! 六本木のミュージアムの閉館で悲しむファンに朗報

  • 尾畠春夫さんの思い 「困った時はお互い様。明日は我が身かもしれないから」 男児発見から一夜

  • フィンランド最大の音楽フェスで、自分の〝好き〟を表現する人たちに出会った。

  • オウムのジェットストリームに巻き込まれ、シャツの袖から出てきた蜂を追い回す

関連記事

  • 一方通行の通路、逆行した妊婦に罰金8000円 ⇒ パリの地下鉄に怒りの声

  • Apple、ワイヤレス充電パッドAirPowerを来年発売

  • 出でよ、次のユニコーン~経済産業省のプログラム「J-Startup」がスタート!:研究員の眼

  • 海洋浄化のスタートアップを育てたいSustainable Ocean AllianceにPineapple Fundが$1Mを投資

  • 4年越しの夢の実現へーー電力小売向け基幹システムのパネイルが約19億円調達

  • ワーク・ライフ・バランスの先、ワークとライフが統合された生き方を目指していこう