1. TOP
  2. 未分類
  3. Uber Eatsが京都と神戸にやってくる、7月下旬よりスタート

Uber Eatsが京都と神戸にやってくる、7月下旬よりスタート

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 16 Views

米国発のフードデリバリーサービス「Uber Eats」が京都と神戸でも利用可能になる。Uber Eatsは2016年9月に日本でサービスを開始。当初は東京の一部エリア限定のリリースだったが、2017年12月には東京23区全域と横浜へサービスを拡大。そして今回、Uber Japanは同サービスの利用可能地域を2018年7月25日の午前9時より京都、7月31日の午前9時より神戸に拡大すると発表した。

リリース当初は、京都と神戸ともに約100件のレストランの料理がデリバリー可能になる予定だ。同社は2018年4月に大阪12区の一部地域にも利用地域を拡大しており、今回の地域拡大により関東と関西地区の主要都市をカバーすることになる。

京都と神戸のUber Eatsで利用できるレストランの例は以下の通りだ。関西エリアに住んでいるTechCrunch Japan読者は体験してみるのもいいかもしれない。

Uber Japanのプレスリリースより

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

Takuya Kimura

この人が書いた記事  記事一覧

  • TechCrunch Tokyoの目玉「スタートアップバトル」今年も登壇企業を募集開始

  • “今ヒマな時間”ですぐ働けるワークシェアアプリ「タイミー」が5600万円調達

  • AnyPay、株式配当のように“収益を分配するトークン”の発行システムを開発中

  • メルカリが2018年6月期本決算を発表ーー売上357億円、営業損失は44億円

関連記事

  • Spotify、上場初日は時価総額265億ドルで引ける――高値からは10%ダウン

  • 安倍首相へ。育児に専念する私の生活は輝いていますか?

  • 2020 TOKYO 人をつなぐ 夢をつなぐ パラリンピックものがたり

  • Amazonの新規Prime会員のうち500万はビデオのオリジナルプログラムを見たい人だった

  • 内閣主催シンポジウムにお呼ばれして参加してきました!が、そこには少し違和感が…

  • 任天堂のスマホアプリ「Miitomo」が5月9日に終了、リリースから約2年