1. TOP
  2. 未分類
  3. 【動画】海洋ゴミから作られたクジラは訴える。人類にプラスチックの使い方を再考して欲しいと

【動画】海洋ゴミから作られたクジラは訴える。人類にプラスチックの使い方を再考して欲しいと

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 18 Views

クジラのインスタレーション「スカイスクレイパー」

7月16日は「海の日」。

ベルギーのブリュージュ市で開かれている「ブリュージュ・トリエンナーレ2018」に出品されたクジラのインスタレーションが話題を呼んでいる。運河から飛び出さんばかりにジャンプしているクジラの体長は約12メートル。材料はすべて、海を漂っていたプラスチックごみだ。

ニューヨークに拠点をもつ建築デザイン事務所「Studio KCA」が手がけたもので、海に漂う約1億5000万トンものプラスチックゴミの存在に関心を持ってもらうのがねらい。「Skyscpraper(スカイスクレイパー)」(The Bruge Whale)という名がつけられている。

KCAが自然保護団体「ハワイワイルドライフファンド」などと協力し、ハワイの海岸やニューヨークの水路などでプラスチックゴミを4カ月にわたって拾い集め、そのうち、青と白の5トンをクジラの材料にしたという。

集めたプラスチックごみを洗う=Studio KCAによる制作経費の寄付を募るサイトから集めたプラスチックごみを青と白に仕分ける=Studio KCAによる、クジラの制作経費を募るファンディングサイトから

制作資金を募るサイトで、KCA代表のレスリー・チャンさんは、この作品について「いまの世界で、なぜわたしたちがプラスチックの使いかたと捨て方を変える必要があるのかを示す見本です」と話す。

このクジラの材料は、太平洋に漂っていたプラスチックゴミ約5トンを使っている。作品を形作るプラスチックゴミには、日本から流れついたと思われる「山田魚市場」「田老漁協」「鎌田」「欣栄丸」「JFたろう」「さいとう」などの文字がみえるプラスチックゴミも目につく。

日本のものと思われる表記のプラスチックケースもいくつかある。

■海に漂う1億5000万トンのプラスチックごみ

国連によると、プラスチックごみは、年約800万トンが世界中の海に流れ出ているとされる。1億5000万トンのプラスチックごみが海上にあるとされる。

細かく砕かれたプラスチック片は「マイクロプラスチック」と呼ばれ、スクラブ洗顔料や歯磨きに含まれる「マイクロビーズ」と呼ばれる微小のプラスチック片と同様、分解されずに海に流れ出ている。

こうした破片などを飲み込んだ魚や鳥、大型動物の体内に蓄積するほか、粘膜などを傷つけたりして、死亡にいたるケースが後を絶たない。また、食物連鎖で人間の体内にも取り込まれるリスクも指摘されている

■ストローが紙製に。規制の動きが広がる

アメリカ・ポートランドのバーで、紙に切り替えられたストロー

本格的な規制の動きも始まっている。欧州連合(EU)は5月、に使い捨てのプラスチック製品を禁じる規制案を加盟国に示した。ストローをプラスチック製から紙製に切り替える飲食店やファストフードチェーンが広がっているのも、こうした動きを踏まえてのことだ。

日本でも、マイクロプラスチックを抑制するよう事業者に努力義務を課す改正海岸漂着物処理推進法が6月に成立した。だが、同じく6月、30年までにすべてのプラスチックをリサイクルするか、代替可能なものに切り替えることを目指す「海洋プラスチック憲章」が、カナダのG7サミットで採択された。だが、日本はアメリカとともに署名を見送った。その理由について、中川雅治環境相は6月12日の会見で「産業界や政府部内で調整をして、合意に臨むのが一般的だが、今回はそうした調整を行う時間が足りなかった」と説明した。

■スカイスクレイパーのメイキング動画

The Making of Skyscraper 2018_by STUDIOKCA from STUDIOKCA on Vimeo.

Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 「全米プロ」松山英樹「乱調」での72ホール奮闘記–舩越園子

  • サイボウズ式: 「個人が会社を使うという働き方はおもしろい」──ホリエモンと新しいカイシャを議論したら、生き方の話になった

  • サイボウズ式:従業員の同意がない転勤を禁止してほしいです──サイボウズ青野慶久、連合の会長に働き方について意見してみた

  • 【シリーズ:ウナギをめぐって】第3回 ウナギという魚の危機

関連記事

  • 地理空間画像分析サービスのEnviewが$6Mを調達、老朽化したパイプラインネットワークを救う

  • 「20体の幽霊とセックスした」と語る女性。今の夢は、幽霊の子を宿すこと。

  • AI問診・病名予測アプリ開発のUbieが関西電力CVCから3億円を資金調達

  • 知花くらら、俳優の上山竜治と結婚 3年前から交際

  • 杉田水脈議員の寄稿文、何が問題だったのか。LGBTは「生産性がない」に相次ぐ批判

  • Facebook、データ漏洩問題で「少数の」広告主が出稿を停止したことを認める