1. TOP
  2. 未分類
  3. iFixit、新MacBook Proキーボードの防塵機構を発見

iFixit、新MacBook Proキーボードの防塵機構を発見

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 13 Views

先週Appleは新しいMacBook Proを発表し、新機能の中心は修正されたキーボードだった。Appleは前の機種よりも静かだと言い、われわれのテスト結果も一致していた。しかし、iFixitは別の何かを発見した。薄い、シリコン製のバリヤーがキーボードの信頼性を改善しているらしい。

これはビッグニュースだ。ユーザーは以前から、MacBook Proに使われているバタフライスイッチ式キーボードは従来モデルと比べて信頼性に欠けると言っていた。ちりやほこりやパンくずのせいでキーが動作不良を起こしたという報告は無数にある。私自身に経験はないがTechCrunchスタッフの多くが言っていた。これまでにAppleはキーボードのリコールを発行していない。

iFixは、新しいバタフライ機構を保護しているゴム状の物質を見つけた。さらに同社は、この「汚染の侵入を防止/軽減する」ための技術はAppleの特許であることも指摘している。

これらの新モデルの大きなメディア発表を行ったAppleは、今回のキーボードの変更について、これはクリック音の大きさを改善するためであり、ほこり対策ではないと言っている。それもよくわかる。もしAppleがイベントを開いて「キーボードを修正しました」と言ったら、Appleはキーボードに何か不具合があったと認めることになる。代わりにAppleは、「キーボードを静かにしました」と発表して、過去のキーボードは不具合はないがうるさかったことを認めた。

本誌にレビュー機が届いたところなので、ビーチで2~3日使ってからキーボードの信頼性について報告するつもりだ。Because Sicence.

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

Matt Burns

この人が書いた記事  記事一覧

  • Google Mapsがついに#flatearth(地球平面説)の信者でなくなった

  • 任天堂のSwitchの成功から何を学ぶべきか?

  • Alexa CastでAmazon MusicをAlexaデバイスへキャストできる

  • Microsoft、Xboxの新ハードウェアを来月発表

関連記事

  • 木村拓哉のLINEスタンプ発売で写真・CMもネット解禁、こちらも革命だ

  • クラウドのセキュリティが弱いと暗号通貨の採掘に無断で使われる、最新の被害者がTesla

  • SFドラマ”The Expanse”はAmazon Primeに移籍

  • 原子力潜水艦がXboxのコントローラーを導入。一体なぜ?

  • 男性育休でパタハラ。「古い職場」で、現場からの働き方改革を続ける会社員のリアル

  • SafariはQRコードを長押しするとリンク先に飛べる